Becker nevus - ベッカー母斑https://en.wikipedia.org/wiki/Becker's_nevus
ベッカー母斑 (Becker nevus) は、主に男性が罹患する良性皮膚疾患です。母斑は通常、思春期頃に現れます。一般に、最初は胴体または上腕の不規則な色素沈着として現れ、徐々に不規則に拡大して厚くなり、多くの場合毛深くなります(多毛症)。

処理
母斑の上に重なっている毛はレーザーで除去できます。しかし、再発率が高いため、レーザーで母斑を除去することはほとんど不可能です。

  • 広範囲に毛が生えている大きな母斑が特徴です。
  • レーザー治療は、持続的な色素沈着過剰のため困難な場合があります。
References Becker’s nevus - Case reports 35519166 
NIH
Becker nevus はベッカー黒色症とも呼ばれ、良性の皮膚疾患です。生まれてから現れることもあれば、後に発症することもあり、毛の有無にかかわらず皮膚に斑点ができます。これはまれで、主に男性に起こります。患部は時間の経過とともに黒ずむことが多く、そこに余分な毛が生えることがあります。 29歳のトランスジェンダーの患者は、15歳の頃に小さな斑点として始まった皮膚の黒い斑点を抱えて来院しました。時間の経過とともに、これらの斑点はより大きな斑点に成長しました。検査の結果、胸、肩、背中、上腕の右側に毛が生えた黒い斑点があり、縁が不規則であることが判明した。
Becker's nevus is also known as Becker melanosis. It is a benign lesion which can be presented as congenital or acquired with hairless or hypertrichotic lesions. It's a rare case which affects mainly male individuals. It is often pigmented and gets darker by time and excessive hair growth can be seen over it. A 29-year-old transgender patient presented with hyperpigmentation with the lesion which started at the age of 15 as a small hyperpigmented macule. The lesion increased gradually to form giant patches. On examination a right-side hyperpigmentation involving the anterior chest, shoulder, scapular region, upper arm with hypertrichosis and irregular margins.
 Lasers for Becker’s Nevus 30762191 
NIH
Becker's nevus は、体の片側に余分な毛が生える色素斑を特徴とする一般的な皮膚疾患です。多くの場合レーザーで治療されますが、他の選択肢もあります。波長は 504 ~ 10,600 nm、セッション数は 1 ~ 12 で、さまざまな種類のレーザーが単独または組み合わせて使用​​されています。結果はさまざまですが、異なる波長のレーザーを組み合わせるとより効果的であるようです。副作用は通常、軽度から中程度の発赤です。レーザーは一般に安全ですが、ベッカー母斑に対しては中程度の効果(優れているわけではありません)を提供します。
Becker's nevus is a common pigmented dermatosis, usually featured by ipsilateral pigmented patch with hypertrichosis. Becker's nevus is often treated with various types of lasers although other regimens are available. A variety of lasers had been used alone or in combination to treat Becker's nevus. Laser wavelengths used for Becker's nevus ranged from 504 to 10,600 nm, while the number of treatment varied from 1 to 12 sessions. The clinical outcomes were mixed although combination of lasers with different wavelengths appeared to achieve a better efficacy. Adverse effects were usually mild to moderate erythema. While lasers are relatively safe, their efficacy for Becker's nevus is moderate.