Blue nevus - 青色母斑https://en.wikipedia.org/wiki/Blue_nevus
青色母斑 (Blue nevus) は有色母斑の一種で、通常は境界のはっきりした青色または黒色の小結節が 1 つあります。母斑の青色は、皮膚の深部にある色素細胞によって引き起こされます。

生検が行われることもあれば、病変全体が外科的に除去されることもあります。臨床転帰は一般に良好で、癌化する可能性はわずかです。鑑別診断には皮膚線維腫と黒色腫が含まれます。

  • @母斑細胞が深く存在するため、青色に見えます。
  • 非典型的な例 ― 青色母斑 (Blue nevus) は通常、左右対称の形状をしています。このような場合には、基底細胞癌と黒色腫を区別する必要があります。
References Blue Nevus 31747181 
NIH
Blue nevus は、メラノサイトの過剰な増殖によって引き起こされる一群の皮膚腫瘍を指し、頭、腕、または臀部に青から黒の隆起として現れます。通常は単一で後天性ですが、出生時から存在していたり​​、複数の部位に発生する場合もあります。これらの病変は、黒色腫のような濃い色素沈着の腫瘍と間違われることが多く、通常、頭皮、腕、腰、または臀部では青く見えます。
The term blue nevus describes a group of skin lesions characterized by dermal proliferation of melanocytes presenting as blue to black nodules on the head, extremities, or buttocks. In most cases, they are acquired and present as a solitary lesion but may also be congenital and appear at multiple sites. Blue nevi are melanotic dermal lesions that commonly presents as a blue nodule on the scalp, extremities, sacrococcygeal region, or buttocks. Its characteristic blue to black hue is frequently confused with other darker pigmented lesions, including malignant melanoma.