Cafe au lait macule - カフェオレ斑https://en.wikipedia.org/wiki/Café_au_lait_spot
カフェオレ斑 (Cafe au lait macule) は、平坦な色素沈着過剰の母斑です。

カフェオレ斑は健康な人にも現れますが、神経線維腫症 1 型などの症候群に関連している可能性があります。斑点の数は、神経線維腫症の診断において臨床的に重要な意味を持つ可能性があります。思春期前の小児では少なくとも直径5mm、思春期以降では少なくとも15mmの直径の斑点が6つ以上あることは、神経線維腫症の主要な診断基準の1つです。

カフェオレスポットは通常、出生時に永久的に存在し、時間の経過とともにサイズが拡大したり、数が増加したりすることがあります。レーザー手術を行った後でも、シミは完全に除去されないことが多く、治療後に再発する可能性もあります。

処理
通常再発率が高く、レーザー治療は非常に長期間必要となります。
#QS1064 / QS532 laser
  • 小児期に均一な色の境界線と明確な斑点が現れることがよくあります。一般に、境界線はこの写真よりもはっきりしています。
  • Cafe au lait macule で Neurofibromatosis type 1 (NF-1) が見られる
References Laser treatment for Cafe-au-lait Macules: a systematic review and meta-analysis 37291616 
NIH
レーザー治療では、CALM 患者の 75% で 50% の除去率が示され、43% が 75% の除去率を達成しました。さまざまな種類のレーザーの中で、QS-1064-nm Nd:YAG が最も効果的な結果をもたらしました。全体として、すべての種類のレーザーは色素沈着低下や色素沈着過剰などの副作用が少なく、安全性が高いことが示されています。
To draw a conclusion, the laser treatment could reach an overall clearance rate of 50% for 75% of the patients with CALMs, for 43.3% of the patients, the clearance rate could reach 75%. When looking at different wavelength subgroups, QS-1064-nm Nd:YAG laser exhibited the best treatment capability. Laser of all the wavelength subgroups presented acceptable safety regarding of the low occurrence of side effects, namely, hypopigmentation and hyperpigmentation.
 Cutaneous manifestations in neurofibromatosis type 1 32901776
Café-au-lait macules were shown in 1063 patients (96.5%), axillary and inguinal freckling in 991 (90%) and neurofibromas in 861 (78.1%). Other skin manifestations included: lipoma (6.2%), nevus anemicus (3.9%), psoriasis (3.4%), spilus nevus (3.2%), juvenile xanthogranuloma (3.2%), vitiligo (2.3%), Becker's nevus (1.9%), melanoma (0.7%) and poliosis (0.5%).
 Pigmentation Disorders: Diagnosis and Management 29431372
Pigmentation disorders are commonly diagnosed, evaluated, and treated in primary care practices. Typical hyperpigmentation disorders include postinflammatory hyperpigmentation, melasma, solar lentigines, ephelides (freckles), and café au lait macules.