Cellulitis - 蜂巣炎https://ja.wikipedia.org/wiki/蜂巣炎
蜂巣炎 (Cellulitis) は、皮膚の内層に起こる細菌感染症です。兆候と症状として、痛みを伴う発赤領域が数日間にわたって増大します。一般に、発赤領域の境界は明確ではなく、皮膚が腫れることもあります。通常、感染部位は痛みを伴います。発熱や筋痛が起こる場合があります。

脚と顔が最もよくみられる部位です。危険因子には、肥満、脚のむくみ、高齢などが含まれます。最も一般的に関与する細菌は、連鎖球菌と黄色ブドウ球菌です。

治療は通常、セファレキシン、アモキシシリン、クロキサシリンなどの抗生物質の経口投与によって行われます。約95%の人は7~10日間の治療後に症状が改善します。しかし、糖尿病患者の転帰はさらに悪化することがよくあります。

蜂窩織炎は一般的な疾患であり、英国では入院の 1.6% が蜂窩織炎によるものでした。 2015 年には蜂窩織炎により世界中で約 16,900 人が死亡しました。

治療 ― OTC医薬品
進行した蜂窩織炎の場合は、医師のみが処方する抗生物質による治療が必要です。病変が急速に進行し、発熱や悪寒を伴う場合には、できるだけ早く医師の診察を受けることをお勧めします。
初期の病変に市販の抗生物質軟膏を塗ると効果がある場合があります。軟膏を薄く塗りすぎると効果が得られない場合があります。
#Polysporin
#Bacitracin
#Betadine

痛みを和らげるには、アセトアミノフェンなどの市販鎮痛剤を使用してください。
#Ibuprofen
#Naproxen
#Acetaminophen

水虫は蜂窩織炎のリスクを高めるため、足を清潔に保ち、水虫を治療してください。

処理
#First-generation cephalosporins (e.g. Cefradine)
#Bacterial culture
#Third-generation cephalosporins (e.g. Cefditoren Pivoxil)
  • 脚は蜂巣炎 (Cellulitis)と共通の位置です。
  • 典型的なケース
  • 蜂巣炎 (Cellulitis) ― 治癒段階
  • 左脚の蜂窩織炎。広範囲に広がると高熱が発生し、生命を脅かす敗血症性ショックにつながる可能性があります。
  • 病変が改善すると炎症後色素沈着が現れることがあります。
  • @手のひらの傷が原因の場合もあります。
  • 典型的なケース
  • 圧痛のある紅斑斑が急速に広がる場合は、蜂巣炎 (Cellulitis) を疑う必要があります。
  • 蜂巣炎 (Cellulitis)が改善するにつれ、角質が剥がれてかゆみが出る場合があります。
  • ほとんどの蜂巣炎 (Cellulitis)は周囲に腫れと紅斑を伴います。ただし、周囲に紅斑がないこの例外的なケースでは、扁平上皮癌も疑う必要があります。
  • 典型的なケース
  • 治癒段階。
References Cellulitis 31747177 
NIH
Cellulitis は一般的な細菌性皮膚感染症です。米国では毎年 1,400 万人以上が罹患しています。これにより、年間約 37 億ドルの外来医療費と 65 万人の入院が発生します。通常、 cellulitis は、腫れと圧痛を伴う、皮膚上の温かく赤い領域として現れます。突然の細菌感染によって引き起こされ、皮膚の深層とその近くの組織に炎症が引き起こされます。この感染症には膿瘍や膿はありません。ベータ溶血性連鎖球菌、特に A 群連鎖球菌 (Streptococcus pyogenes) が通常の原因であり、次に methicillin-sensitive Staphylococcus aureus が続きます。
Cellulitis is a common bacterial skin infection, with over 14 million cases occurring in the United States annually. It accounts for approximately 3.7 billion dollars in ambulatory care costs and 650000 hospitalizations annually. Cellulitis typically presents as a poorly demarcated, warm, erythematous area with associated edema and tenderness to palpation. It is an acute bacterial infection causing inflammation of the deep dermis and surrounding subcutaneous tissue. The infection is without an abscess or purulent discharge. Beta-hemolytic streptococci typically cause cellulitis, generally group A streptococcus (i.e., Streptococcus pyogenes), followed by methicillin-sensitive Staphylococcus aureus. Patients who are immunocompromised, colonized with methicillin-resistant Staphylococcus aureus, bitten by animals, or have comorbidities such as diabetes mellitus may become infected with other bacteria.
 Cellulitis: current insights into pathophysiology and clinical management 29219814
Cellulitis は、皮膚および軟組織の細菌感染症です。これは、皮膚の保護バリア、免疫システム、または血液循環に問題があるときに発生します。糖尿病、肥満、高齢はこれらの領域に影響を及ぼし、 cellulitis の可能性を高めます。また、 cellulitis の診断に関する最近の知見にも注目し、静脈不全、湿疹、深部静脈血栓症、痛風などの症状は蜂窩織炎と混同されることが多いため、正確な診断の重要性を強調します。 cellulitis の治療に使用される抗生物質は、抗生物質耐性を助長せずに一般的な細菌を標的とするように慎重に選択されています。 cellulitis に対して承認された新しい抗生物質についても説明します。 Cellulitis は進行中の危険因子やリンパ系の損傷により再発することがよくあります。
Cellulitis is a bacterial infection of the skin and soft tissues. It happens when there are issues with the skin's protective barrier, the immune system, or blood circulation. Diabetes, obesity, and old age increase the chances of cellulitis by affecting these areas. We also look at recent findings on diagnosing cellulitis, highlighting the importance of accurate diagnosis since conditions like venous insufficiency, eczema, deep vein thrombosis, and gout are often confused with cellulitis. Antibiotics used to treat cellulitis are chosen carefully to target common bacteria without encouraging antibiotic resistance. We also talk about new antibiotics approved for cellulitis. Cellulitis often comes back because of ongoing risk factors and damage to the lymphatic system..
 Current Treatment Options for Acute Skin and Skin-structure Infections 30957166 
NIH
突然の細菌性皮膚感染症のため、多くの人が病院や救急外来を訪れます。 Staphylococcus aureus はこれらの感染症を引き起こす主な細菌であり、一部の菌株は一般的な抗生物質に耐性があるため、治療が困難になってきています。
Acute bacterial skin and skin-structure infections are a common reason for seeking care at acute healthcare facilities, including emergency departments. Staphylococcus aureus is the most common organism associated with these infections, and the emergence of community-associated methicillin-resistant Staphylococcus aureus (MRSA) has represented a considerable challenge in their treatment.
 Prevalence and Therapies of Antibiotic-Resistance in Staphylococcus aureus 32257966 
NIH
Staphylococcus aureus は、抗生物質に対する反応に基づいて 2 つのタイプに分類できます: methicillin-sensitive Staphylococcus aureus (MSSA) and methicillin-resistant Staphylococcus aureus (MRSA) 。過去数十年にわたって、細菌の進化と抗生物質の過剰使用により、 S. Aureus の薬剤に対する耐性が増加しており、 MRSA の感染率が世界的に増加しています。
According to the sensitivity to antibiotic drugs, S. aureus can be divided into methicillin-sensitive Staphylococcus aureus (MSSA) and methicillin-resistant Staphylococcus aureus (MRSA). In recent decades, due to the evolution of bacteria and the abuse of antibiotics, the drug resistance of S. aureus has gradually increased, the infection rate of MRSA has increased worldwide.
 Treatment of severe skin and soft tissue infections: a review 29278528 
NIH
To review the salient features of the management of severe skin and soft tissue infections (SSTIs), including toxic shock syndrome, myonecrosis/gas gangrene, and necrotizing fasciitis.