Cheilitis - 口唇炎https://en.wikipedia.org/wiki/Cheilitis
口唇炎 (Cheilitis) は唇の炎症を特徴とする症状です。

光線性口唇炎
主に太陽光線によって引き起こされ、白人に影響を与えます。この状態は長期的には扁平上皮癌に発展する可能性があるリスクがあります。

アレルギー性口唇炎
それは内因性(個人の固有の特性による)と外因性(外部要因によって引き起こされる)に分けられます。内因性湿疹性口唇炎の主な原因はアトピー性口唇炎であり、外因性湿疹性口唇炎の主な原因は刺激性接触口唇炎(例えば、唇をなめる習慣によって引き起こされる)およびアレルギー性接触口唇炎です。

アレルギー性接触口唇炎の最も一般的な原因は口紅やリップクリームなどのリップ化粧品で、次に歯磨き粉が続きます。口紅を塗っている人とキスするなどの小さな露出でも、接触性口唇炎を引き起こすのに十分です。金属、木材、またはその他の部品に対するアレルギーは、音楽家、特に木管楽器や金管楽器の演奏者に口唇炎反応、たとえばいわゆる「クラリネット奏者の口唇炎」または「フルート奏者の口唇炎」を引き起こす可能性があります。

治療 ― OTC医薬品
上唇にのみ発生する場合は、長期間にわたる過度の日光暴露が原因である可能性があります。日光を避け、定期的に医師の診察を受けてください。口紅やリップクリームの成分はアレルギーを引き起こす可能性があるため、使用しないでください。 OTC ステロイド クリームを塗ったり、OTC 抗ヒスタミン薬を服用したりすると効果があります。
#Hydrocortisone cream

#Cetirizine [Zytec]
#Diphenhydramine [Benadryl]
#LevoCetirizine [Xyzal]
#Fexofenadine [Allegra]
#Loratadine [Claritin]
  • 口紅が重要な原因である可能性があります。
  • 唇の周りの紅斑。
  • Angular Cheilitis、軽症 ― ヘルペス感染症と異なり、水疱はありません。
  • Lip licker's dermatitis ― 唾液を唇につけることで発生、または悪化します。
  • Angular cheilitis ― ほとんどの場合、軽度の感染症を伴うため、抗生物質による治療が必要です。ヘルペス感染症とは異なり、唇の湿疹が頻繁に観察されます。
  • Lip licker's dermatitis ― 小児に多く発生します。
References Differential Diagnosis of Cheilitis - How to Classify Cheilitis? 30431729 
NIH
この病気は、それ自体で現れることもあれば、特定の広範な健康上の問題(ビタミン B12 や鉄の低レベルによる貧血など)や局所感染症( herpes, oral candidiasis )の一部として現れることもあります。口唇炎は、刺激物やアレルギー性のものに対する反応として起こることもありますし、日光 (actinic cheilitis) や特定の薬剤、特にレチノイドによって引き起こされることもあります。いくつかの形態の口唇炎が報告されています (angular, contact (allergic and irritant) , actinic, glandular, granulomatous, exfoliative and plasma cell cheilitis) 。
The disease may appear as an isolated condition or as part of certain systemic diseases/conditions (such as anemia due to vitamin B12 or iron deficiency) or local infections (e.g., herpes and oral candidiasis). Cheilitis can also be a symptom of a contact reaction to an irritant or allergen, or may be provoked by sun exposure (actinic cheilitis) or drug intake, especially retinoids. Generally, the forms most commonly reported in the literature are angular, contact (allergic and irritant), actinic, glandular, granulomatous, exfoliative and plasma cell cheilitis.
 Cheilitis 29262127 
NIH