Cherry Hemangioma - 桜状血管腫https://en.wikipedia.org/wiki/Cherry_angioma
桜状血管腫 (Cherry Hemangioma) は、皮膚にできる小さな真っ赤な隆起です。直径0.5~6mmで胸や腕に発生し、年齢とともに数が増えます。

桜状血管腫は無害な良性腫瘍であり、癌とは関係がありません。これらは最も一般的な種類の血管腫であり、加齢とともに増加し、30 歳以上のほぼすべての成人に発生します。

処理
通常、治療は必要ありません。レーザー手術で簡単に除去できます。

  • 桜状血管腫 (Cherry Hemangioma) ― 腕;これは腕や体幹によく発生する小さな血管腫で、加齢によって引き起こされます。
    References Cherry Hemangioma 33085354 
    NIH
    Cherry hemangiomas は、皮膚の血管に発生する一般的な良性腫瘍です。これらは、加齢に伴って発生することが多いため、桜状血管腫、成人血管腫、または老人性血管腫とも呼ばれます。
    Cherry hemangiomas are common benign cutaneous vascular proliferations. They are also known as cherry angiomas, adult hemangiomas, or senile angiomas as their number tends to increase with age.