Confluent reticulated papillomatosishttps://en.wikipedia.org/wiki/Confluent_and_reticulated_papillomatosis
Confluent reticulated papillomatosis は、まれではあるが特徴的な後天性魚鱗癬状皮膚症で、主に中央幹に局在する傾向があり、持続的な黒ずんだ鱗片状の斑点を特徴とします。この病気はミノサイクリンによって治療できます。

処理
#Minocycline
  • 典型的な場合 ― 腰の周囲に症状(かゆみ、痛み)を伴わない黒色の色素斑として現れます。
  • 重度のフォーム
  • 腰が一般的な場所です。
References Confluent and Reticulated Papillomatosis 29083642 
NIH
Confluent and reticulated papillomatosis (CRP) は、グージェロー・カルテー症候群とも呼ばれ、皮膚細胞の異常な増殖によって引き起こされます。それは痛みのない黒い斑点として現れ、融合してより大きな斑点になることもあり、通常は十代の若者や若い成人の胸上部や首に現れます。最初の治療選択はミノサイクリンです。
Confluent and reticulated papillomatosis (CRP), also known as Gougerot-Carteaud syndrome, is caused by disordered keratinization. It presents with asymptomatic hyperpigmented papules that can coalesce into plaques and are typically located on the upper trunk and neck of teens and young adults. First-line treatment is oral 'minocycline'.
 Confluent and reticulated papillomatosis: diagnostic and treatment challenges 27601929 
NIH
CRP は通常、首、脇の下、胸上部、背中上部の皮膚に症状のない黒い斑点や斑点として現れます。場合によっては、額から陰部まで広がることもあります。 minocycline のような抗生物質は、好ましい治療選択肢となっています。
CRP typically presents as asymptomatic hyperpigmented papules and plaques with peripheral reticulation over the nape, axillae, upper chest, and upper back, occasionally with extension superior to the forehead and inferior to the pubic region. Antibiotics, such as 'minocycline', at anti-inflammatory doses have emerged as a preferred therapeutic option.