Contact dermatitis - 接触性皮膚炎https://ja.wikipedia.org/wiki/接触皮膚炎
接触性皮膚炎 (Contact dermatitis) は、かゆみを引き起こす一般的な炎症の一種です。接触皮膚炎の症状には、皮膚のかゆみや乾燥、赤い発疹、隆起、腫れなどがあります。症状が重度の場合は、かゆみを伴う水疱の形で現れることがあります。

接触皮膚炎は、アレルゲン(アレルギー性接触皮膚炎)または刺激物(刺激性接触皮膚炎)への曝露によって発生します。光毒性皮膚炎は太陽光によって起こります。

兆候と症状
接触皮膚炎は、異物との接触によって引き起こされる局所的な皮膚の発疹または炎症です。これらは治癒するまでに数日から数週間かかる場合があります。接触皮膚炎は、皮膚がアレルゲンまたは刺激物と長時間(数日後)接触しなくなった場合にのみ消えます。

接触皮膚炎には 3 つのタイプがあります: (1) 刺激性接触皮膚炎 (2) アレルギー性接触皮膚炎 (3) 光接触皮膚炎。刺激性皮膚炎は通常、引き金が実際に皮膚に触れた領域に限定されますが、アレルギー性皮膚炎は皮膚にさらに広範囲に広がる可能性があります。

アレルギー性接触皮膚炎の一般的な原因は次のとおりです。
Nickel, 14K or 18K gold, Chromium, Poison ivy (Toxicodendron radicans)

パッチテスト
パッチテストで見つかった上位 3 つのアレルゲンは次のとおりです。
Nickel sulfate (19.0%), Myroxylon pereirae (Balsam of Peru, 11.9%), Fragrance mix (11.5%)

処理
石鹸や化粧品は使用しないでください。特に日焼け止めなどの化粧品の使用により、女性を中心に顔の乾燥やかゆみを繰り返すことがあります。症状が日光にさらされた体の部位のみに発生する場合は、日光への曝露を減らしてください。

治療 ― OTC医薬品
抗ヒスタミン薬の服用が効果的です。セチリジンまたはレボセチリジンはフェキソフェナジンよりも効果的ですが、眠気を引き起こします。
#Cetirizine [Zytec]
#Diphenhydramine [Benadryl]
#LevoCetirizine [Xyzal]
#Fexofenadine [Allegra]
#Loratadine [Claritin]

市販のステロイド軟膏を患部に数日間使用できる場合があります。
#Hydrocortisone ointment
  • 接触性皮膚炎 (Contact dermatitis)傷周り。長期間にわたって皮膚を損傷した領域の周囲に発生しました。傷口に塗られた軟膏や被覆材が原因と考えられます。
  • 重度の接触性皮膚炎 (Contact dermatitis)の場合、激しいかゆみを伴う小さな水疱が発生することがあります。
  • 重度 接触性皮膚炎 (Contact dermatitis) ― buprenorphine 経皮パッチ。原因は薬剤そのものか貼付剤の粘着成分のいずれかである可能性があります。
  • 原因物質(ウルシオール)との接触から5日後。
  • 強力なアレルゲンへの局所的曝露も原因となる可能性があります。
  • poison ivy (plant) が原因の 接触性皮膚炎 (Contact dermatitis) を患う 3 歳の女の子 ― Poison ivy (plant) は強力なアレルゲンであり、脚に 接触性皮膚炎 (Contact dermatitis) ができる一般的な原因です。ひどい場合には水疱が現れることもあります。
  • ○靴を履いた部分に日焼けが発生しました。
  • 接触性皮膚炎だけでなく、真菌感染症も疑わなければなりません。あまり痒くない場合は、真菌軟膏を一緒に使用することを検討する必要があります。
    多くの痒みは強い湿疹であるため、抗ヒスタミン薬を2週間以上服用しながらステロイド軟膏をたくさん塗らなければ症状が改善されると判断されます。
  • 原因物質(ウルシオール)との接触後7日。
References Diagnosis and Management of Contact Dermatitis 20672788
Contact dermatitis は、特定の物質と接触した後に赤みやかゆみを伴う斑点を引き起こす一般的な皮膚疾患です。刺激性とアレルギー性の2種類があります。刺激性接触皮膚炎は何かが皮膚を直接刺激することで起こりますが、アレルギー性接触皮膚炎は皮膚に触れた物質に対する遅延反応です。一般的な誘因としては、ツタウルシ、ニッケル、香料などが挙げられます。症状には通常、発赤、鱗屑、かゆみ、場合によっては水疱が含まれます。急性の場合は発赤、水疱、腫れを伴う重篤な症状が見られますが、慢性の場合は皮膚にひび割れや鱗状の症状が生じる場合があります。診断には通常、刺激物の特定と回避が含まれます。治療には、局所的な反応にはステロイドクリームが使用され、広範囲の反応には経口ステロイドが使用されることがよくあります。ただし、リバウンド反応を防ぐために、ステロイドは徐々に減量する必要があります。
Contact dermatitis is a common skin condition that causes red, itchy patches after contact with certain substances. There are two types: irritant and allergic. Irritant contact dermatitis happens when something irritates the skin directly, while allergic contact dermatitis is a delayed reaction to a substance touching the skin. Common triggers include poison ivy, nickel, and fragrances. Symptoms typically include redness, scaling, itching, and sometimes blisters. Acute cases can be severe, with redness, blistering, and swelling, while chronic cases may involve cracked, scaly skin. Diagnosis usually involves identifying and avoiding the irritant. Treatment often includes steroid creams for localized reactions and oral steroids for widespread ones. However, steroids should be tapered off gradually to prevent a rebound reaction.
 Contact dermatitis 9048524
湿疹に似た発疹のある患者を治療する医師は、この症状について考えられるすべての理由を知っておく必要があります。特に通常の治療で治らない場合は、患者が接触したものが発疹の原因になっているかどうかを考慮することが重要です。
The doctor treating a patient with a rash resembling eczema needs to know all the possible reasons for this condition. It's important to consider if something the patient is in contact with could be causing the rash, especially if it doesn't go away with usual treatment.
 Novel insights into contact dermatitis 35183605
Contact dermatitis は、アレルギーまたは刺激を引き起こす物質に繰り返し曝露されることによって引き起こされ、アレルギー性接触皮膚炎または刺激性接触皮膚炎を引き起こす頻繁な皮膚疾患です。
Contact dermatitis is a frequent skin condition triggered by repeated exposure to substances that cause allergies or irritation, leading to either allergic contact dermatitis or irritant contact dermatitis.