Dermatofibroma - 皮膚線維腫https://en.wikipedia.org/wiki/Dermatofibroma
皮膚線維腫 (Dermatofibroma) は、硬く孤立したゆっくりと成長する丘疹 (丸い隆起) で、通常は茶色がかった色から黄褐色です。典型的な皮膚線維腫は不快感をほとんどまたはまったく引き起こしませんが、かゆみや圧痛が生じることがあります。皮膚線維腫は体のどこにでも見られますが、ほとんどの場合は脚と腕に見られます。

皮膚線維腫は、虫刺されやとげの刺し傷などの過去の傷に対する反応として形成されることがあります。皮膚線維腫は良性の皮膚病変として分類されており、完全に無害であることを意味しますが、皮膚線維腫はさまざまな皮下腫瘍と混同される場合があります。深達性皮膚線維腫は、組織学的にも「隆起性皮膚線維肉腫」のようなまれな悪性線維組織細胞性腫瘍と区別することが難しい場合があります。

診断と治療
ほとんどは良性ですが、大きな病変 (>5 mm) の場合は生検が必要な場合があります。
#Dermoscopy
#Skin biopsy
  • 皮膚線維腫 (Dermatofibroma)の典型的な症例 ― 手足に硬い結節。 皮膚線維腫 (Dermatofibroma) は比較的一般的な良性腫瘍です。
References Dermatofibroma 29262213 
NIH
Dermatofibroma は、主に腕や脚に見られる一般的な皮膚疾患です。皮膚の下に硬いしこりとして現れ、大きさは1センチメートル未満であることがよくあります。通常は痛みはありませんが、虫刺されやとげの刺し傷などの過去の軽傷が関係している可能性があります。皮膚線維腫は誰でも罹患する可能性がありますが、20 ~ 40 歳の女性に多く見られます。通常は良性ですが、切除後に再発することがあります。皮膚線維腫を、 dermatofibrosarcoma protuberans と呼ばれるより進行性の皮膚腫瘍と区別することが重要です。
Dermatofibroma is a commonly occurring cutaneous entity usually centered within the skin's dermis. Dermatofibromas are referred to as benign fibrous histiocytomas of the skin, superficial/cutaneous benign fibrous histiocytomas, or common fibrous histiocytoma. These mesenchymal cell lesions of the dermis clinically are firm subcutaneous nodules that occur on the extremities in the vast majority of cases and may or may not be associated with overlying skin changes. They are most commonly asymptomatic and usually relatively small, less than or equal to 1 centimeter in diameter. Often, patients who present with a dermatofibroma relate a history of possibly inciting local trauma at the site, such as from an insect bite or superficial puncture wound from thorns or wood splinters. Dermatofibromas occur in people of all ages, although more commonly during the ages of the 20s to 40s, and develop more frequently in females than males, with as high as a 2:1 female to male predominance according to some reports. They are a benign tumor, although there have been cases of local recurrence, and even more rarely, distant metastases have been reported. When considering the differential diagnosis of these lesions, it is vitally important to distinguish dermatofibromas from dermatofibrosarcoma protuberans, a similar-appearing but more aggressive cutaneous neoplasm.
 Common Benign Skin Tumors 12613727
Lipomas, dermatofibromas, keratoacanthomas, pyogenic granulomas, and epidermoid cysts に対する好ましい治療法は外科的切除です。 Cherry angiomas and sebaceous hyperplasia は通常、レーザー療法または電気乾燥で治療されます。 acrochordons and seborrheic keratoses では、凍結療法とひげそり切除が一般的な選択肢です。かかりつけ医が病変の診断や治療について不安を感じている場合、または生検で黒色腫が確認された場合は、専門医への紹介をお勧めします。
The preferred treatment for lipomas, dermatofibromas, keratoacanthomas, pyogenic granulomas, epidermoid cysts is surgical removal. Cherry angiomas, sebaceous hyperplasia are commonly treated with laser therapy or electrodesiccation. Cryotherapy and shave excision are popular choices for acrochordons, seborrheic keratoses. If a family physician feels uncertain about diagnosing or treating a lesion, or if a biopsy confirms melanoma, referral to a specialist is recommended.