Dysplastic nevus - 異形成母斑https://en.wikipedia.org/wiki/Dysplastic_nevus
異形成母斑 (Dysplastic nevus) は、一般的な母斑とは外観が異なる母斑です。異形成母斑は通常の母斑よりも大きくなることが多く、境界が不規則で不明瞭になる場合があります。異形成母斑はどこにでも見られますが、男性では胴体に、女性では下肢の後面に最も多く見られます。

がんのリスク
米国の白人に見られるように、異形成母斑のある人は生涯で黒色腫を発症するリスクが 10% 以上あります。一方、異形成母斑を持たない人が黒色腫を発症するリスクは1%未満です。

異形成母斑のある人に対する予防策
皮膚の自己検査は、通常、黒色腫を予防するため(切除可能な非定型母斑を特定することにより)、または既存の腫瘍を早期に検出するために推奨されます。皮膚がんまたは複数の非定型母斑の個人歴または家族歴がある人は、黒色腫を発症していないかどうかを確認するために、少なくとも年に一度は皮膚科医の診察を受ける必要があります。

[ABCDE] という略語は、医療提供者や一般の人が黒色腫の主な特徴を覚えておくのに役立ちます。一般の人にとって残念なことに、多くの脂漏性角化症、一部の老人性黒子、さらにはイボは [ABCDE] の特徴を持っている可能性があり、黒色腫と区別することができません。

[ABCDE]
Asymmetrical:非対称な皮膚病変。
Border:病変の境界が不規則である。
Color: 黒色腫には通常、複数の不規則な色があります。
Diameter: 6 mm を超える母斑は、小さな母斑よりも黒色腫である可能性が高くなります。
Evolution: 母斑または病変の進行 (つまり、変化) は、その病変が悪性化しつつあることを示している可能性があります。

  • Dysplastic nevi ― 西洋人には生検が推奨されます。
  • 病変の縁がぼやけた非対称な形状は、異形成母斑 (Dysplastic nevus) の可能性を示します。しかし、色とサイズは比較的正常の範囲内です。確認には生検が必要です。
  • 不規則な形状は ABCD ルールの基準 (非対称性) に一致しますが、評価者によって判断が異なる場合があります。
References Dysplastic Nevi 29489189 
NIH
非定型母斑またはクラークス母斑としても知られる Dysplastic nevus は、皮膚科および皮膚病理学で議論を引き起こしました。異常に見え、黒色腫の懸念を引き起こす可能性があるため、医師はこれらのほくろを生検することがよくあります。
A dysplastic nevus is also referred to as an atypical or Clarks nevus and has been the topic of much debate in the fields of dermatology and dermatopathology. It is an acquired mole demonstrating a unique clinical and histopathologic appearance that sets it apart from the common nevus. These moles appear atypical clinically, often with a fried-egg appearance, and are commonly biopsied by providers due to the concern for melanoma.
 Publication Trends and Hot Topics in Dysplastic Nevus Research: A 30-Year Bibliometric Analysis 37992349 
NIH
非定型母斑またはクラーク母斑としても知られる Dysplastic nevi は、黒色腫を引き起こすことがあります。黒色腫の約 36% は異形成母斑の近くで見つかります。異形成母斑が黒色腫に変化する可能性がある兆候には、不均一な形状、より多くの色素変化、または灰色がかった色が含まれます。これらのがんは通常、より若い年齢 (30 代半ば頃) に発生し、多発する場合があり、体幹部に発生することがよくあります。遺伝的に、 dysplastic nevi は良性母斑と黒色腫の間にあります。 ただし、黒色腫の 20% ~ 30% だけが既存の母斑から発生します。ほとんどの母斑は黒色腫にならないため、予防的に母斑を除去することは通常推奨されません。
Dysplastic nevus, also called atypical or Clark nevus, can be precursor to melanoma, as the observation that 36% of melanomas have dysplastic nevi near the invasive tumor supports. Signs that a dysplastic nevus may have transitioned into a melanoma include asymmetry in contour, a noticeable increase in pigment variations, or a grayish tint indicating regression. These malignancies typically arise at a younger age (mid-thirties), are sometimes multiple, and are often found on the trunk. Molecularly, dysplastic nevi have a profile intermediate between benign nevi and malignant melanoma. While there is a recognized connection between dysplastic nevi and melanoma, it’s crucial to note that only about 20% to 30% of melanomas evolve from preexisting nevi. Given that the majority of dysplastic and typical nevi do not develop into melanoma, preventive removal of melanocytic nevi is not typically advised.
 Malignant Melanoma 29262210 
NIH
黒色腫は、皮膚の色を決定する細胞であるメラノサイトが癌化したときに形成される腫瘍の一種です。メラノサイトは神経堤に由来します。これは、黒色腫が皮膚だけでなく、胃腸管や脳などの神経堤細胞が移動する他の領域でも発生する可能性があることを意味します。早期黒色腫 (ステージ 0) の患者の生存率は 97% と高いですが、進行した段階 (ステージ IV) と診断された患者の生存率は約 10% に大幅に低下します。
A melanoma is a tumor produced by the malignant transformation of melanocytes. Melanocytes are derived from the neural crest; consequently, melanomas, although they usually occur on the skin, can arise in other locations where neural crest cells migrate, such as the gastrointestinal tract and brain. The five-year relative survival rate for patients with stage 0 melanoma is 97%, compared with about 10% for those with stage IV disease.