Eccrine hidrocystomahttps://en.wikipedia.org/wiki/Hidrocystoma
Eccrine hidrocystoma 汗腺由来の良性腫瘍です。高温多湿の環境によって悪化することがよくあります。通常、病変は夏に大きくなり、冬には小さくなります。この病変は、通常は下まぶたに沿って位置する眼窩周囲領域に肌色のドーム型の丘疹として現れます。

治療
患部を冷却すると、患部のサイズが一時的に縮小することがあります。
レーザー治療は通常は効果がありません。

  • 透明な液体で満たされた小さな青い丘疹として現れます。
    References Eccrine Hidrocystoma: A Report of Two Cases with Special Reference to Dermoscopic Features 34084021 
    NIH
    Eccrine hidrocystomas (EHs) は、エクリン汗管の腫れから形成される良性腫瘍です。症状は長期間続くことが多く、暑い季節には発汗量が増加して悪化する可能性があります。 EH は通常、症状に基づいて診断されますが、皮膚生検で確認できます。我々は、皮膚鏡検査の特徴と局所ボツリヌス毒素様ペプチドによる治療の成功に焦点を当てて、EH の 2 つの症例を紹介します。
    Eccrine hidrocystomas (EHs) are benign tumors, which arise as cystic dilatation of the eccrine sweat duct. The lesions of EH have a chronic course with periodic flares in summer months, associated with exacerbation in sweating. Diagnosis is mainly clinical with histopathology being confirmatory. Dermoscopy is a noninvasive tool, which may confirm diagnosis of EH without subjecting the patient to a biopsy. We report two representative cases of EH, with emphasis on dermoscopic features and which well responded to topical botulinum toxin-like peptide.