Eczema herpeticumhttps://ja.wikipedia.org/wiki/カポジ水痘様発疹症
Eczema herpeticum は、まれではありますが重度の播種性感染症であり、通常、アトピー性皮膚炎、火傷、局所ステロイドの長期使用、または湿疹などによって生じた皮膚損傷部位で発生します。

この感染症は、アトピー性皮膚炎の上に多数の小胞が重なって現れます。多くの場合、発熱とリンパ節腫脹を伴います。ヘルペス性湿疹は赤ちゃんの命を脅かす可能性があります。

この状態は、最も一般的には単純ヘルペス ウイルスによって引き起こされます。アシクロビルなどの抗ウイルス薬の全身投与で治療できます。

診断と治療
湿疹病変(アトピー性皮膚炎など)と誤診し、ステロイド軟膏を塗布すると病変が悪化することがあります。
#Acyclovir
#Fancyclovir
#Valacyclovir
  • 初めはアトピー性皮膚炎と間違われやすいですが、実はヘルペスウイルスによる感染症です。小さな水疱や同じような形の痂皮が集まってできる病変が特徴です。
  • アトピー性皮膚炎と間違われやすい
  • ヘルペスウイルス感染症であるため、水疱やかさぶたを伴うのが特徴です。
  • Eczema herpeticum のほとんどの場合、通常はアトピー性皮膚炎が存在します。外傷歴もなく小さな水疱が突然大量に発生した場合は、単純ヘルペスウイルス感染症の診断を考慮する必要があります。
  • さまざまな種類の病変を含むアトピー性皮膚炎とは異なり、単純ヘルペスウイルス感染症は比較的均一な病変で構成されています。
References Eczema Herpeticum 32809616 
NIH
Eczema herpeticum (EH) は、アトピー性皮膚炎を持つ人々の単純ヘルペス ウイルスによって引き起こされる広範囲にわたる皮膚感染症です。通常、湿疹ができやすい領域に水ぶくれのような小胞やかさぶたを伴うびらんが突然現れます。症状には、発熱、リンパ節の腫れ、気分不良などが含まれる場合があります。 EH は、健康な成人における軽度で一時的なものから、特に子供、乳児、免疫系が低下している人における非常に重篤なものまで、さまざまです。早期に抗ウイルス治療を開始すると、軽症の症状を短縮し、重症例の合併症を防ぐことができます。
Eczema herpeticum (EH) is a disseminated cutaneous infection with herpes simplex virus that develops in a patient with atopic dermatitis. EH typically presents as a sudden onset eruption of monomorphic vesicles and punched-out erosions with hemorrhagic crusts over eczematous areas. Patients may have systemic symptoms, such as fever, lymphadenopathy, or malaise. Presentation ranges from mild and self-limiting in healthy adults to life-threatening in children, infants, and immunocompromised patients. Early treatment with antiviral therapy can shorten the duration of mild disease and prevent morbidity and mortality in severe cases.
 Eczema Herpeticum - Case reports 28813215
アトピー性皮膚炎を患う 8 歳の女の子が、中央に小さなくぼみのある、かゆみを伴う盛り上がった赤い水疱が広範囲に発生したとして来院しました。検査の結果、彼女は単純ヘルペスウイルス1型に感染していることが判明した。
An 8-year-old girl with atopic dermatitis came in with a widespread outbreak of itchy, raised, red blisters with a small indentation in the center. Tests showed she had herpes simplex virus type 1.