Erythema ab ignehttps://en.wikipedia.org/wiki/Erythema_ab_igne
Erythema ab igne は、熱 (赤外線) に長期間さらされることによって引き起こされる皮膚の状態です。皮膚への熱放射線への長時間の曝露は、患部における網状紅斑、色素沈着過剰、鱗屑および毛細血管拡張症の発症につながる可能性があります。人によっては、軽度のかゆみや灼熱感を訴える場合があります。

次のようなさまざまな種類の熱源がこの状態を引き起こす可能性があります。
- 慢性的な痛みを治療するために、湯たんぽ、温熱ブランケット、温熱パッドを繰り返し使用します。
- 暖房付きのカーシート、スペースヒーター、または暖炉に繰り返しさらされる。ヒーターに繰り返しまたは長時間さらされることは、高齢者によく見られる原因です。
- 銀細工師や宝石商(顔が熱にさらされる)、パン屋やシェフ(腕、顔)の職業上の危険性
- ラップトップ コンピューターを大腿部に置く(ラップトップ コンピューター誘発性の腹部紅斑)。

  • 熱に長時間さらされると、この障害が発生する可能性があります。
  • 足が熱いストーブに長時間さらされていると、このようなことが起こる可能性があります。
References Erythema Ab Igne 30855838 
NIH
Erythema ab igne は、熱や赤外線への繰り返しの曝露によって引き起こされる発疹です。仕事や温熱パッドの使用によって起こることがよくあります。主な治療は熱源を取り除くことです。発疹は時間の経過とともに消えることがありますが、永久的な色素沈着過剰や瘢痕が残る場合があります。トレチノインやハイドロキノンなどの治療は、持続的な色素沈着過剰に役立ちます。
Erythema ab igne is a rash characterized by a reticulated pattern of erythema and hyperpigmentation. It is caused by repeated exposure to direct heat or infrared radiation, often from occupational exposure or the use of heating pads. The primary treatment of this disease entity is the removal of the offending heat source. The resulting abnormal pigmentation of affected areas may resolve over months to years; however, permanent hyperpigmentation or scarring may persist. Treatments for hyperpigmentation, such as topical tretinoin or hydroquinone, can be useful in treating persistent hyperpigmentation.