Erythema annulare centrifugum - 乳頭状色素沈着症https://en.wikipedia.org/wiki/Erythema_annulare_centrifugum
乳頭状色素沈着症 (Erythema annulare centrifugum) とは、中心から広がる輪状の発赤を呈する皮膚病変を表す用語です。

あらゆる年齢で発生するこれらの病変は、隆起したピンク赤のリングまたはブルズアイマークとして現れます。サイズは 0.5 ~ 8 cm (0.20 ~ 3.15 インチ) です。病変は時間の経過とともにサイズが大きくなり広がり、完全なリングではなく不規則な形状になる場合があります。

病気を確認するために皮膚生検を行うことができます。病変はどこからでも持続する可能性があり、平均持続期間は 11 か月です。通常、治療は必要ありませんが、局所ステロイドは発赤、腫れ、かゆみを軽減するのに役立つ場合があります。

  • この写真とは対照的に、病変に鱗屑がないことの方が一般的です。
  • この場合、特に高温多湿な環境に住んでいる場合や過度の発汗を経験している場合には、鑑別診断として体部白癬も考慮する必要があります。
References Erythema Annulare Centrifugum 29494101 
NIH
Erythema annulare centrifugum (EAC) は、中心がはっきりした状態で外側に向かって輪状に広がる赤い発疹の一種です。 EAC が癌によって出現した場合、それは PEACE (paraneoplastic erythema annulare centrifugum eruption) と呼ばれます。 PEACE は女性に多く、がんが診断される前に出現することが多く、治療後に再発する場合もあります。 EAC はリング状発疹の主要なタイプの 1 つであり、他の主要な形状紅斑 (erythema marginatum, erythema migrans, and erythema gyratum repens) と比較して独特の特徴があります。
Erythema annulare centrifugum (EAC) is an annular, erythematous lesion that appears as urticarial-like papules and enlarges centrifugally, then clears centrally. A fine scale is sometimes present inside the advancing edge, known as a trailing scale. Erythema annulare centrifugum is classified as a reactive erythema and has been associated with various underlying conditions, including malignancies. When erythema annulare centrifugum occurs as a paraneoplastic phenomenon, it has been designated PEACE (paraneoplastic erythema annulare centrifugum eruption). PEACE is more commonly seen in females, typically precedes the clinical diagnosis of malignancy, and may recur with subsequent relapses. EAC is one of the three major figurate erythemas, with EAC being the most common. These dermatoses share the common presentation of advancing erythematous, annular lesions, but are each separated by unique clinical and histopathologic characteristics. Once the other major figurate erythemas (erythema marginatum, erythema migrans, and erythema gyratum repens) are excluded, EAC often becomes a diagnosis of exclusion.
 Erythema annulare centrifugum - Case reports 23286811
Erythema annulare centrifugum (EAC) は、円形の赤い発疹の一種で、皮膚が薄片状になることがよくあります。さまざまな要因によって引き起こされると考えられていますが、どのようにして起こるのか正確にはわかっていません。平均して、発疹は約 11 か月続きます。私たちは、明確な理由もなく 50 年間にわたって EAC が再発してきた患者について話します。一年の特定の時期に再発するようですが、このケースは報告されている EAC の最長期間を表しています。
Erythema annulare centrifugum (EAC) is a type of red rash that forms circular shapes and often has flaky skin. It's thought to be triggered by various factors, but we're not sure exactly how it happens. On average, the rash lasts for about 11 months. We discuss a patient who has had EAC coming back for 50 years without a clear reason. While it does seem to come back at certain times of the year, this case represents the longest reported duration of EAC.