Erythema multiforme - 多形紅斑https://ja.wikipedia.org/wiki/多形紅斑
多形紅斑 (Erythema multiforme) は、赤い斑点が現れ、「標的病変」に発展する皮膚疾患です (通常、病変は両手に存在します)。これは、感染または薬物曝露によって媒介される可能性のある紅斑の一種です。

この状態は、軽度の自然に限定される発疹から、粘膜も伴う多形紅斑として知られる重度の生命を脅かすものまでさまざまです。粘膜の浸潤または水疱の存在は、重症度の重要な兆候です。

- Erythema multiforme minor: 典型的な標的または先端に分布する隆起した浮腫性丘疹
軽度の場合は、通常、軽度のかゆみ(ただし、かゆみが非常にひどい場合もあります)、四肢から始まる対称的に配置されたピンク色から赤色の斑点が現れます。この形態の病気では、発疹は 7 ~ 10 日以内に治まるのが通常です。

- Erythema multiforme major: 典型的な標的、または 1 つまたは複数の粘膜を伴う先端側に分布する隆起した浮腫性丘疹。表皮剥離は体表面積全体の 10% 未満に相当します。

治療 ― OTC医薬品
発熱(体温上昇)を伴う場合には、早めの受診をお勧めします。
疑わしい薬物は中止する必要があります。 (例:抗生物質、非ステロイド性抗炎症薬)
かゆみにはセチリジンやロラタジンなどの経口抗ヒスタミン薬。
#Cetirizine [Zytec]
#LevoCetirizine [Xyzal]
#Loratadine [Claritin]
  • Erythema multiforme minor ― 病変の中心が白くなることがありますのでご注意ください。
  • 脚の病変を標的とする
  • 蕁麻疹も鑑別診断として考慮される場合があります。
  • 多形紅斑 (Erythema multiforme) の標的病変 ― 広範囲に水疱を引き起こす TEN の初期症状である可能性もあります。
  • 多形紅斑 (Erythema multiforme) の典型的な症状
  • ライム病も考慮する必要があります。 cf) Bulls eye of Lyme Disease Rash
References Recent Updates in the Treatment of Erythema Multiforme 34577844 
NIH
Erythema multiforme (EM) は、免疫反応により皮膚や粘膜に特徴的な標的様の斑点が現れる病気です。多くの場合、ウイルス感染、特に単純ヘルペスウイルス(HSV)や特定の薬剤によって引き起こされますが、多くの場合、原因は不明のままです。急性EMの治療は、ステロイドまたは抗ヒスタミン薬を含むクリームを使用して症状を緩和することに重点を置きます。再発する EM の管理は、各患者に合わせて調整すると最も効果的です。最初のアプローチには、経口治療と局所治療の両方が含まれます。これらには、コルチコステロイドや抗ウイルス薬が含まれます。局所治療は、影響を受けた粘膜に対する強力なステロイドクリームと溶液で構成されます。抗ウイルス薬に反応しない患者の場合、第 2 選択薬には免疫抑制薬、抗生物質、駆虫薬、抗マラリア薬が含まれます。
Erythema multiforme (EM) is an immune-mediated condition that classically presents with discrete targetoid lesions and can involve both mucosal and cutaneous sites. While EM is typically preceded by viral infections, most notably herpes simplex virus (HSV), and certain medications, a large portion of cases are due to an unidentifiable cause. Treatment for acute EM is focused on relieving symptoms with topical steroids or antihistamines. Treatment for recurrent EM is most successful when tailored to individual patients. First line treatment for recurrent EM includes both systemic and topical therapies. Systemic therapies include corticosteroid therapy and antiviral prophylaxis. Topical therapies include high-potency corticosteroids, and antiseptic or anesthetic solutions for mucosal involvement. Second-line therapies for patients who do not respond to antiviral medications include immunosuppressive agents, antibiotics, anthelmintics, and antimalarials
 Use of steroids for erythema multiforme in children 16353829 
NIH
多くの場合、軽度の erythema multiforme は 2 ~ 4 週間以内に自然に治ります。スティーブンス・ジョンソン症候群は粘膜に影響を及ぼす重篤な状態で、最長 6 週間続くことがあります。ステロイドは通常、軽度の場合には推奨されません。重度の多形紅斑にステロイドを使用すべきかどうかは、どの子供がこの治療の恩恵を受けるかを示す無作為化研究からの明確な所見がないため、不確実である。
In most cases, mild erythema multiforme is self-limited and resolves in 2 to 4 weeks. Stevens-Johnson syndrome is a serious disease that involves the mucous membranes and lasts up to 6 weeks. There is no indication for using steroids for the mild form. Use of steroids for erythema multiforme major is debatable because no randomized studies clearly indicate which children will benefit from this treatment.
 Drug-induced Oral Erythema Multiforme: A Diagnostic Challenge 29363636 
NIH
TMP/SMX によって引き起こされた口腔 erythema multiforme (EM) の症例を紹介します。皮膚病変のない典型的な口腔潰瘍と口唇潰瘍を示しています。このことは、他の口腔潰瘍性疾患と区別する必要性を強調しています。患者は対症療法とプレドニゾロン錠を受け、TMP/SMX 療法の中止後に改善につながりました。
We report a case of oral erythema multiforme (EM) secondary to TMP/SMX that presented with oral and lip ulcerations typical of EM without any skin lesions and highlights the importance of distinguishing them from other ulcerative disorders involving oral cavity. The patient was treated symptomatically and given tablet prednisolone. The condition improved with stoppage of TMP/SMX therapy.
 Erythema Multiforme: Recognition and Management. 31305041
Erythema multiforme は、免疫系によって引き起こされる、皮膚、場合によっては粘膜が関与する反応です。通常、それは標的様の病変として現れ、孤立したように見えたり、再発したり、持続したりする場合があります。これらの病変は通常、四肢、特にその外表面に対称的に影響を及ぼします。主な原因には、単純ヘルペス ウイルスや肺炎マイコプラズマなどの感染症のほか、特定の薬剤、予防接種、自己免疫疾患などが含まれます。 erythema multiforme と蕁麻疹の区別は、病変の持続期間に依存します。 erythema multiforme 病変は少なくとも 7 日間固定されたままですが、蕁麻疹の病変は多くの場合 1 日以内に消えます。似ていますが、 erythema multiforme をより重篤なスティーブンス ジョンソン症候群と区別することが重要です。スティーブンス ジョンソン症候群は、一般的に水疱を伴う広範な紅斑性または紫斑性斑点を示します。 erythema multiforme の管理には、局所ステロイドまたは抗ヒスタミン薬による症状の軽減と根本的な原因への対処が含まれます。単純ヘルペスウイルスに関連する再発症例の場合は、予防的抗ウイルス療法が推奨されます。重度の粘膜浸潤の場合は、静脈内輸液と電解質の交換のために入院が必要になる場合があります。
Erythema multiforme is a reaction involving the skin and sometimes the mucosa, triggered by the immune system. Typically, it manifests as target-like lesions, which may appear isolated, recur, or persist. These lesions usually symmetrically affect the extremities, particularly their outer surfaces. The main causes include infections like herpes simplex virus and Mycoplasma pneumoniae, as well as certain medications, immunizations, and autoimmune diseases. Distinguishing erythema multiforme from urticaria relies on the duration of lesions; erythema multiforme lesions remain fixed for at least seven days, while urticarial lesions often vanish within a day. Although similar, it's crucial to differentiate erythema multiforme from the more severe Stevens-Johnson syndrome, which typically presents widespread erythematous or purpuric macules with blisters. Managing erythema multiforme involves symptomatic relief with topical steroids or antihistamines and addressing the underlying cause. For recurrent cases associated with herpes simplex virus, prophylactic antiviral therapy is recommended. Severe mucosal involvement may necessitate hospitalization for intravenous fluids and electrolyte replacement.