Exfoliative dermatitis - 剥離性皮膚炎https://ja.wikipedia.org/wiki/紅皮症
剥離性皮膚炎 (Exfoliative dermatitis) は、ほぼ体表面全体に影響を及ぼす発赤と鱗屑を伴う炎症性皮膚疾患です。この用語は、皮膚の 90% 以上が影響を受ける場合に適用されます。

紅皮症の最も一般的な原因は、乾癬、接触皮膚炎、脂漏性皮膚炎、扁平苔癬、毛孔性紅斑性粃糠疹などの基礎的な皮膚疾患の悪化、または局所ステロイドの使用などの薬物反応です。原発性蠕虫症の頻度は低く、通常は皮膚 T 細胞リンパ腫の場合に見られます。皮膚T細胞リンパ腫との鑑別が重要なため、生検が行われます。

  • Red (burning) Skin Syndrome ― 全身の紅斑と鱗屑が 剥離性皮膚炎 (Exfoliative dermatitis) の主な症状です。
References Exfoliative Dermatitis 10029788
Erythroderma はまれではありますが、深刻な皮膚疾患です。正確な原因は不明なことが多いですが、薬物反応や潜在的な癌によって引き起こされる可能性があります。剥脱性皮膚炎に関連する一般的ながんの 1 つは皮膚 T 細胞リンパ腫ですが、皮膚の状態が始まってから数か月、場合によっては数年も症状が現れない場合があります。通常、初期評価と治療には入院が必要です。薬物誘発性疾患の患者は通常、長期的な見通しが良好ですが、明確な原因がない場合は再発と寛解を繰り返す傾向があります。がんに関連する症例の予後は通常、がんの進行状況によって異なります。
Erythroderma is a rare but serious skin condition. While the exact cause is often unknown, it can be triggered by a drug reaction or an underlying cancer. One common cancer linked to exfoliative dermatitis is cutaneous T-cell lymphoma, which might not show symptoms for months or even years after the skin condition starts. Usually, hospitalization is needed for initial assessment and treatment. Patients with drug-induced disease generally have a good long-term outlook, though cases without a clear cause tend to have a recurring and remitting course. The prognosis for cases linked to cancer typically depends on how the cancer progresses.
 Exfoliative Dermatitis 32119455 
NIH
通常、体の90%以上が広範囲に発赤し、剥離が見られます。この状態は、乾癬、湿疹、または特定の薬への反応など、さまざまな基礎的な健康問題の目に見える兆候です。
It characteristically demonstrates diffuse erythema and scaling of greater than 90% of the body surface area. It is a reaction pattern and cutaneous manifestation of a myriad of underlying ailments, including psoriasis and eczema, or a reaction to the consumption of certain drugs.