Fifth disease - 五番目の病気https://ja.wikipedia.org/wiki/伝染性紅斑
五番目の病気 (Fifth disease) は、パルボウイルス B19 による感染の考えられる症状のいくつかの 1 つです。 五番目の病気 (fifth disease) は子供によく見られます。

五番目の病気 (fifth disease) は、微熱、頭痛、発疹、および鼻水や鼻づまりなどの風邪のような症状で始まります。これらの症状は消え、数日後に発疹が現れます。真っ赤な発疹は顔、特に頬に最もよく現れます。 (そのため「頬を叩く病気」という名前が付けられました)。赤い頬に加えて、子供は体の残りの部分に赤いレース状の発疹が現れることが多く、上腕、胴体、脚が最も一般的な場所です。

通常、この病気は軽度ですが、妊娠中の女性の場合、妊娠第 1 期の感染は胎児水腫に関連しており、自然流産を引き起こします。

処理
通常は時間の経過とともに改善するため、特別な治療は必要ありません。

  • 五番目の病気 (Fifth disease) 16か月 ― 両頬が叩かれたように赤くなり、全身に斑状丘疹状の発疹が現れます。
  • 両頬に紅斑。
  • 体に網状の発疹を伴うこともあります。
  • これは、B19 ウイルス感染によって引き起こされる、特徴的な両側頬の平手打ち発疹です。
References Fifth disease (parvovirus B19) 35951969 
NIH
伝染性紅斑としても知られる Fifth disease は、ヒトパルボウイルス B19 によって引き起こされるウイルス感染症です。小児でより蔓延しており、通常は 4 歳から 14 歳が罹患します。症状は多くの場合、軽度の発熱、頭痛、喉の痛み、インフルエンザのような感覚で始まります。子供は顔に slapped cheeks に似たはっきりとした赤い発疹が現れ、体、腕、脚に模様のある発疹が現れることがあります。成人では関節痛が一般的な症状であり、最初の感染から数週間後に現れることもあります。特に、パルボウイルス B19 に感染した成人の約 20 ~ 30% は症状を示さない可能性があります。
Fifth disease (erythema infectiosum) is a viral infection caused by human parvovirus B19. It is more common in children than adults and usually affects children ages 4 to 14. The disease often starts with mild fever, headache, sore throat, and other flu-like symptoms. Children can also develop a bright red rash on the face that looks like “slapped cheeks”, along with a lacy or bumpy rash on the body, arms, and legs. In adults, joint aches are a common symptom. Rash and joint symptoms may develop several weeks after infection. About 20 to 30% of adults who are infected with parvovirus B19 will not have symptoms.
 Exposure to fifth disease in pregnancy 20008596 
NIH
Parvovirus B19 が母親から赤ちゃんに感染するリスクは約 33% で、感染した女性の約 3% が赤ちゃんに合併症を経験します。妊娠 20 週目前に母親が感染すると、血液疾患や赤ちゃんの体内の体液の蓄積などの合併症が発生する可能性が高くなります。この病気の管理を開始するには、特定の抗体 (IgM) を検査して、患者がパルボウイルスに曝露されたことがあるかどうかを確認する必要があります。検査で過去の曝露がなく、最近の感染が示された場合、患者は妊娠中、赤ちゃんの特定の健康上の問題をチェックするための定期的な超音波スキャンなどの綿密なモニタリングが必要です。
The rate of vertical transmission during maternal parvovirus B19 infection is estimated at 33%, with fetal complications occurring in 3% of infected women. Fetal complications comprising hemolysis, anemia, and nonimmune hydrops fetalis and fetal loss are more frequent when maternal infection occurs before 20 weeks of gestation. The first step in the management of this patient would be to obtain immunoglobulin (Ig) M and IgG titres against parvovirus to evaluate if the patient has had previous immunity against the disease. If results are negative for IgG but positive for IgM (ie, primary infection), this patient would need close obstetrical monitoring for the following weeks, including serial ultrasounds to rule out fetal anemia and hydrops fetalis.