Furuncle - 瘡痂(そうか)https://ja.wikipedia.org/wiki/癤
瘡痂(そうか) (Furuncle) (おでき) は毛包の深部感染症です。最も一般的には、黄色ブドウ球菌による感染によって引き起こされ、膿や死んだ組織の蓄積によって皮膚に痛みを伴う腫れが生じます。

おできは、毛包の周囲にできるでこぼこした赤い膿の詰まったしこりで、柔らかく、温かく、痛みを伴います。おできが膿を排出する準備が整うと、しこりの中心に黄色または白色の点が見られます。重度の感染症では、発熱、リンパ節の腫れ、倦怠感が起こることがあります。

おできは、臀部や肛門の近く、背中、首、胃、胸、腕や脚、さらには外耳道にも現れることがあります。ものもらいと呼ばれるおできが目の周囲に現れることもあります。

家庭では、感染がさらに広がる可能性があるため、絞ったり切ったりしないでください。大きなおできや再発するおでき、または敏感な部分(鼠径部、胸、脇の下、鼻孔の周囲や中、耳の中など)にできるおできには、抗生物質による治療が推奨される場合があります。

治療 ― OTC医薬品
#Benzoyl peroxide [OXY-10]
#Bacitracin
#Polysporin

処理
#Minocycline
  • 小さな病変は局所抗生物質治療で解決できます。
  • 蜂窩織炎に進行する可能性があるため、抗生物質による治療が必要です。
  • 重度の毛嚢炎は 瘡痂(そうか) (Furuncle) と呼ばれます。
  • 蜂窩織炎に進行する可能性があるため、抗生物質による治療が必要です。
References Carbuncle 32119346 
NIH
Carbuncle は 2 つ以上の沸騰のクラスターです。これは、近くの皮膚やより深い層に広がる毛包の感染症です。これらは通常、表面に膿の詰まった斑点がいくつかある、赤くて柔らかいしこりのように見えます。発熱などの全身症状が現れたり、近くのリンパ節が腫れたりすることもあります。 Carbuncles は毛のあるところならどこにでも発生しますが、首の後ろ、背中、太ももなどの皮膚の厚い部分によく発生します。多くの場合、毛嚢炎と呼ばれる小さな毛包感染症として始まります。治療しなければ、おできに発展する可能性があり、複数のおできが結合すると、それらは癲癇と呼ばれます。大きな塊が 1 つである場合もあれば、小さな塊が複数存在する場合もあります。
A carbuncle is a contiguous collection of two or more furuncles. A carbuncle is an infection of the hair follicle(s) that extends into the surrounding skin and deep underlying subcutaneous tissue. They typically present as an erythematous, tender, inflamed, fluctuant nodule with multiple draining sinus tracts or pustules on the surface. Systemic symptoms are usually present, and regional lymphadenopathy may occur. They can arise in any hair-bearing location on the body; however, they are most common in areas with thicker skin such as the posterior neck, back, and thighs. A carbuncle can start as a folliculitis, which, if left untreated, can lead to a furuncle, and when multiple furuncles are contiguous, it becomes classified as a carbuncle. Carbuncles can be solitary or multiple.