Granuloma annulare - 環状肉芽腫https://en.wikipedia.org/wiki/Granuloma_annulare
環状肉芽腫 (Granuloma annulare) は、円形またはリング状に配置された皮膚上の赤みを帯びた隆起として現れる慢性の皮膚疾患です。最初はどの年齢でも発症する可能性がありますが、患者の 3 分の 2 は 30 歳未満であり、小児および若年成人に最も多く見られます。

環状肉芽腫 (granuloma annulare) は通常無症状であるため、初期治療はステロイド外用が一般的です。局所治療で改善しない場合にはステロイドの皮内注射で治療することもあります。

処理
1か月間隔で3~5回の病巣内ステロイド注射で改善する場合があります。
#Triamcinolone intralesional injection
  • Perforating form of Granuloma annulare ― 共通領域の 1 つは手の背側です。通常、無症候性の丘疹として現れます。
  • Tinea corporis と erythema annulare centrifugum は鑑別診断と見なされます。
  • 硬い環状の病変が特徴です。かゆみや痛みなどの症状はありません。
References Granuloma Annulare 29083715 
NIH
Granuloma annulare は、結節のクラスターを特徴とする皮膚の状態です。これは感染によって引き起こされるものではなく、最も一般的な非感染性肉芽腫性疾患です。通常は良性であり、自然に解決することがよくあります。通常、腕や脚に赤いリング状の斑点や隆起が見られます。さまざまなタイプがあります - localized the most common, generalized, perforating, patch, subcutaneous variants 。通常は大したことではありませんが、HIV やがんなどのより深刻な問題に関連している場合もあります。
Granuloma annulare is a cutaneous granulomatous disease that is not caused by an infection. It is the most common non-infectious granulomatous disease. The disease is benign and often self-limited. Granuloma annulare usually presents as erythematous plaques or papules arranged in an annular configuration on the upper extremities. In addition to the more common presentation, termed localized granuloma annulare, other clinical variants of granuloma annulare include generalized, perforating, patch, and subcutaneous. Despite being a benign disease, it can be associated with more serious conditions such as HIV or malignancy.
 Granuloma Annulare: An Updated Review of Epidemiology, Pathogenesis, and Treatment Options 34495491 
NIH
Granuloma annulare (GA) は、炎症と肉芽腫を特徴とする皮膚の状態です。それは局所的または播種的な形で発生する可能性があります。広まった形式は、あまり一般的ではない亜種です (patch, perforating, and subcutaneous subtypes) 。
Granuloma annulare (GA) is an inflammatory granulomatous skin disease that can be localized (localized GA) or disseminated (generalized GA), with patch, perforating, and subcutaneous subtypes being less common variants of this benign condition.