Guttate psoriasis - 滴状乾癬https://en.wikipedia.org/wiki/Guttate_psoriasis
滴状乾癬 (Guttate psoriasis) は乾癬の一種で、体幹上部と近位四肢に小さな (直径 0.5 ~ 1.5 cm) 病変が現れます。それは若い成人に頻繁に見られます。 「滴状」という用語は、皮膚病変の滴状の外観を表すために使用されます。 滴状乾癬 (guttate psoriasis) は、古典的に細菌感染症、通常は上気道感染症によって引き起こされます。

病変の数は 5 から 100 を超える場合もあります。一般に、最も影響を受ける体の部位は、腕、脚、背中、胴体に見られます。

乾癬に使用される治療法は、 滴状乾癬 (guttate psoriasis) にも使用できます。この状態は多くの場合、数週間から数か月以内に自然に治りますが、慢性乾癬を発症する患者は全体の約 3 分の 1 のみです。

治療 ― OTC医薬品
時間が経つと自然に消えることが多いです。 1ヶ月程度かかる場合がございます。
#OTC steroid ointment

処理
#Phototherapy
  • 胴体後部に病変。風邪の症状の後、体幹に小さな鱗状の斑点や斑点が多数発生します。日光に当たると改善するため、主に幹に発生します。
    References Guttate Psoriasis 29494104 
    NIH
    Guttate psoriasis は、喉や肛門周囲の感染症などの連鎖球菌感染症によって引き起こされることが多い乾癬の特殊な形態です。成人よりも子供や十代の若者に多くみられます。この症状を持つ人には、小さな涙滴型の病変が複数発生しますが、通常は局所クリームや光療法で改善します。
    Guttate psoriasis is a distinct variant of psoriasis that is classically triggered by streptococcal infection (pharyngitis or perianal) and is more common in children and adolescents than adults. Patients present with several, small “drop-like” lesions that respond well to topical and phototherapies.
     Childhood guttate psoriasis: an updated review 37908643 
    NIH
    Guttate psoriasis は、子供の 0. 5 ~ 2% が罹患する一般的な症状です。通常、主に体幹や四肢に、小さな、点在する、涙型の、鱗状の、赤い、かゆみを伴う隆起や斑点が多数突然現れます。最近の溶連菌感染症に関連している場合もあります。瘢痕を残さずに 3 ~ 4 か月以内に自然に治ることもありますが、再発したり再発したり、持続して症例の 40 ~ 50% で慢性尋常性乾癬に移行する場合もあります。自然に消えることもあるため、見た目やかゆみ以外は必ずしも治療が必要なわけではありません。
    Guttate psoriasis is common and affects 0.5–2% of individuals in the paediatric age group. Guttate psoriasis typically presents with an abrupt onset of numerous, small, scattered, tear-drop-shaped, scaly, erythematous, pruritic papules and plaques. Sites of predilection include the trunk and proximal extremities. There may be a history of preceding streptococcal infection. Koebner phenomenon is characteristic. Guttate psoriasis may spontaneously remit within 3–4 months with no residual scarring, may intermittently recur and, in 40–50% of cases, may persist and progress to chronic plaque psoriasis. Given the possibility for spontaneous remission within several months, active treatment may not be necessary except for cosmetic purposes or because of pruritus. On the other hand, given the high rates of persistence of guttate psoriasis and progression to chronic plaque psoriasis, some authors suggest active treatment of this condition.