Halo nevus - ヘイロー母斑https://en.wikipedia.org/wiki/Halo_nevus
ヘイロー母斑 (Halo nevus) は、脱色素輪に囲まれた母斑です。 ヘイロー母斑 (halo nevus) は美容上の問題のみであるため、ほとんどの場合治療は必要なく、患者は無症状です。

ヘイロー母斑 (halo nevus) はほとんどの状況では無害ですが、病変を定期的に監視することが重要です。病変の外観に変化がある場合、または痛みを伴う場合は、黒色腫の可能性を排除するために直ちに医師の診察を受ける必要があります。

ヘイロー母斑 (halo nevus) は一般人口の約 1% に存在すると推定されており、白斑、悪性黒色腫、またはターナー症候群の人々でより蔓延していることがわかっています。平均発症年齢は10代です。

References Halo nevus - Case reports 25362030
7 歳の女の子が額に黒っぽいあざを患い、過去 3 か月間でその周りに白い輪ができていました。
A 7-year-old girl presented with a blackish birthmark on her forehead, which had gotten a white ring around it over the past three months.