Hand eczema - 手湿疹https://ja.wikipedia.org/wiki/手湿疹
手湿疹 (Hand eczema) は手のひらや足の裏に現れ、同様に手によく起こるアトピー性皮膚炎、アレルギー性接触皮膚炎、乾癬と区別することが困難または不可能な場合があります。

通常、 手湿疹 (hand eczema) に関連する皮膚炎症は水疱の形成と顕著なかゆみを伴いますが、固形のたこや痛みを伴う裂傷が発生することもあります。

患者の 手湿疹 (hand eczema) 発症の原因が 1 つだけであることはまれではありません。: 過剰な手洗いなどの環境要因。アレルゲンまたは刺激物との接触。そして遺伝的性質。

手湿疹 (hand eczema) は一般的な病気です。研究データによると、一般人口の 1 年間の有病率は最大 10% です。

治療 ― OTC医薬品
石鹸や手指消毒剤は使用しないでください。手のひらや足の裏は皮膚が厚いため、低効力の市販ステロイド軟膏が効かない場合があります。この場合、強力なステロイド軟膏を使用するには医師の処方箋が必要です。
#Hydrocortisone ointment

症状がひどい場合は、OTC 抗ヒスタミン薬を毎日服用することも効果的です。
#Cetirizine [Zytec]
#Diphenhydramine [Benadryl]
#LevoCetirizine [Xyzal]
#Fexofenadine [Allegra]
#Loratadine [Claritin]

ひび割れた病変に痛みがある場合は、市販の抗生物質を塗ります。
#Bacitracin
  • 石鹸や洗剤の使用を減らすことが治療には重要です。
  • 軽度の手湿疹
  • Hand eczema hyperkeratosis ― 症状が慢性化して悪化すると、ひび割れて出血することがあります。
  • 指の湿疹
  • 重症例
References Hand eczema: an update 22960812
Hand eczema は、手に影響を及ぼす最も一般的な皮膚疾患の 1 つであり、仕事に関連する最も一般的な種類の皮膚疾患でもあります。初期の手皮膚炎に対して患者が助けを求めることはほとんどないため、通常、皮膚科クリニックでは重篤な症例のみが診断されます。軽症の症例は通常、定期的な職業検査で特定されます。手湿疹は長期にわたる症状となり、その原因となる物質との接触を避けた後でも症状が持続します。手湿疹の主な危険因子には、個人または家族のアトピー歴、湿った環境への曝露、アレルゲンとの接触などが含まれます。研究によると、女性、特に20代の若い女性の間で手湿疹の有病率が高く、おそらく環境要因が原因であることが示されています。
Hand eczema, one of the most common skin conditions affecting the hands, is also the most common type of skin disease related to work. Typically, only severe cases are diagnosed in dermatology clinics, as patients seldom seek help for early hand dermatitis. Mild cases are usually identified during routine occupational screenings. Hand eczema can become a long-lasting condition, persisting even after avoiding contact with the substance that triggers it. Key risk factors for hand eczema include a personal or family history of atopy, exposure to wet conditions, and contact with allergens. Studies show a higher prevalence of hand eczema among women, especially younger women in their twenties, likely due to environmental factors.
 Hand eczema 24891648 
NIH
Hand eczema は、さまざまな要因によって引き起こされる長期にわたる皮膚疾患です。多くの場合、それは仕事や通常の家事に関連しています。正確な原因を見つけるのは難しい場合があります。時間が経つと、この病気は重篤になり、多くの患者に障害が生じる可能性があります。約 2 ~ 10% の人が、ある時点で手湿疹を発症する可能性があります。これは職場で最も一般的な皮膚の問題のようで、すべての仕事関連の病気の 9 ~ 35% を占めています。
Hand eczema is often a chronic, multifactorial disease. It is usually related to occupational or routine household activities. Exact etiology of the disease is difficult to determine. It may become severe enough and disabling to many of patients in course of time. An estimated 2-10% of population is likely to develop hand eczema at some point of time during life. It appears to be the most common occupational skin disease, comprising 9-35% of all occupational diseases and up to 80% or more of all occupational contact dermatitis.