Herpes zoster - 帯状疱疹https://ja.wikipedia.org/wiki/帯状疱疹
帯状疱疹 (Herpes zoster) は、局所的な領域に水疱を伴う痛みを伴う皮膚発疹を特徴とするウイルス性疾患です。通常、発疹は体または顔の左側または右側に単一の幅広の縞模様で発生します。発疹が発生する 2 ~ 4 日前に、その部位にチクチク感や局所的な痛みが生じることがあります。それ以外の場合、患者によっては、典型的な発疹が見られずに、発熱や頭痛だけが発生したり、倦怠感を感じたりすることがあります。発疹は通常 2 ~ 4 週間以内に治ります。しかし、人によっては、数か月または数年も続く継続的な神経痛、つまり帯状疱疹後神経痛 (PHN) と呼ばれる状態を発症する人もいます。免疫機能が低下している人では、発疹が広範囲に発生することがあります。発疹が目に及ぶ場合は、視力障害が起こる可能性があります。約 3 分の 1 の人が、人生のある時点で 帯状疱疹 (herpes zoster) に苦しんでいると推定されています。 帯状疱疹 (herpes zoster) は高齢者に多く見られますが、子供もこの病気にかかる可能性があります。

水痘(水痘)は水痘とも呼ばれ、ウイルスの最初の感染によって起こり、通常は小児期または青年期に発生します。水痘が治癒すると、ウイルスは人間の神経細胞内で数年または数十年間不活性(休眠)状態を保ち、その後再活性化することがあります。 帯状疱疹 (herpes zoster) は、休眠状態にあった水痘ウイルスが再活性化したときに発生します。その後、ウイルスは神経体に沿って皮膚の神経終末まで移動し、水疱を形成します。 帯状疱疹 (herpes zoster) の発生中に、 帯状疱疹 (herpes zoster) 水疱に含まれる水痘ウイルスにさらされると、まだ水痘に罹患していない人が水痘を引き起こす可能性があります。

潜伏ウイルスが再活性化する危険因子には、高齢、免疫機能の低下、生後 18 か月未満で水痘に罹患したことがあることが含まれます。水痘・帯状疱疹ウイルスは単純ヘルペスウイルスと同じではありませんが、どちらも同じヘルペスウイルス科に属します。

帯状疱疹 (herpes zoster) ワクチンは、 帯状疱疹 (herpes zoster) のリスクを 50% ~ 90% 軽減します。また、帯状疱疹後神経痛の発生率も低下し、 帯状疱疹 (herpes zoster) が発生した場合はその重症度も低下します。 帯状疱疹 (herpes zoster) が発症した場合、アシクロビルなどの抗ウイルス薬は、発疹出現後 72 時間以内に投与を開始すれば、重症度を軽減し、疾患の期間を軽減できます。

処理
病変が急速に広がっている場合は、抗ウイルス治療を受けるためにできるだけ早く医師の診察を受けてください。
抗ウイルス薬と神経痛薬の両方が必要です。休息をとり、飲酒をやめるべきです。
#Acyclovir
#Fancyclovir
#Valacyclovir

#Gabapentin
#Pregabalin
  • 首や肩に帯状疱疹の水ぶくれ
  • 帯状疱疹 ― 5日目。治療を開始すると、通常、病気の症状は約 5 日後に止まります。
  • 帯状疱疹が広範囲に広がった場合、抗ウイルス薬による治療が遅れると、痛みを伴う水疱が長期間続くことがあります。
  • 帯状疱疹では傷跡が残る場合があり、たとえ体内のヘルペスウイルスが消えたとしても、傷跡は長期間残ります。
  • 額に影響がある場合は、頭痛を伴うことがよくあります。病変が鼻の周囲に影響を及ぼしている場合は、視力が正常であることを確認することが重要です。
  • この症例は、帯状疱疹の典型的な皮膚組織分布を示しています。
  • 帯状疱疹 ― Day1
  • 帯状疱疹 ― Day2
  • 帯状疱疹 6 日目 ― 病変はもはや進行していませんが、かさぶたや瘢痕が 1 か月以上続く場合があります。
  • 帯状疱疹の後期では、かさぶたや紅斑が1か月以上続くことがあります。
  • @帯状疱疹は治った後でも傷跡が残ることがあります。
  • 帯状疱疹;傷跡
References Herpes Zoster and Postherpetic Neuralgia: Prevention and Management 29431387
帯状疱疹は水痘の原因となる水痘・帯状疱疹ウイルスの再活性化によって引き起こされ、米国では年間約 100 万人が罹患しており、生涯リスクは 30% です。免疫力が低下している人は帯状疱疹を発症する傾向が非常に高く、通常、症状は倦怠感、頭痛、軽度の発熱で始まり、発疹が現れる数日前に異常な皮膚感覚が続きます。この発疹は通常、体の特定の領域に現れ、1 週間から 10 日かけて透明な水疱からかさぶた状のびらんへと進行します。発疹が出現してから 72 時間以内に抗ウイルス薬 (acyclovir, valacyclovir, or famciclovir) を使用して迅速に治療することが重要です。帯状疱疹後神経痛は、患部の長期にわたる痛みを特徴とする一般的な合併症で、患者の約 5 人に 1 人が罹患しており、ガバペンチン、プレガバリン、または特定の抗うつ薬などの薬物療法と、リドカインやカプサイシンなどの局所薬による継続的な管理が必要です。帯状疱疹のリスクを軽減するために、50 歳以上の成人には水痘・帯状疱疹ウイルスに対するワクチン接種が推奨されます。
Shingles, caused by the reactivation of the varicella zoster virus responsible for chickenpox, affects around 1 million people annually in the United States, with a lifetime risk of 30%. Those with weakened immune systems are significantly more prone to developing shingles, with symptoms typically starting with malaise, headache, and a mild fever, followed by unusual skin sensations a few days before the appearance of a rash. This rash, usually appearing in a specific area of the body, progresses from clear blisters to crusted sores over a week to ten days. Prompt treatment with antiviral medications (acyclovir, valacyclovir, or famciclovir) within 72 hours of rash onset is crucial. Postherpetic neuralgia, a common complication characterized by prolonged pain in the affected area, affects about one in five patients and requires ongoing management with medications such as gabapentin, pregabalin, or certain antidepressants, along with topical agents like lidocaine or capsaicin. Vaccination against the varicella zoster virus is recommended for adults aged 50 and above to reduce the risk of shingles.
 Epidemiology, treatment and prevention of herpes zoster: A comprehensive review 29516900
Herpes zoster は、50 歳以上の人、免疫力が低下している人、免疫抑制剤を服用している人でより頻繁に発生する傾向があります。これは、水痘を引き起こすのと同じウイルスである水痘・帯状疱疹ウイルスの再活性化によって引き起こされます。通常、発熱、痛み、かゆみなどの症状が特徴的な発疹の出現に先行します。最も一般的な合併症は、発疹が治まった後も持続する神経痛である帯状疱疹後神経痛です。帯状疱疹に関連する危険因子と合併症は、年齢、免疫力の状態、治療開始のタイミングによって異なります。 60歳以上の人がワクチン接種を受けると、帯状疱疹や帯状疱疹後神経痛の発生が大幅に減少することが示されています。発疹の発症から 72 時間以内に抗ウイルス薬と鎮痛薬の投与を開始すると、帯状疱疹と帯状疱疹後神経痛の重症度や合併症を軽減できます。
Herpes zoster tends to occur more frequently in people aged 50 and older, those with weakened immune systems, and those taking immunosuppressant medications. It's triggered by the reactivation of the varicella-zoster virus, the same virus that causes chickenpox. Symptoms like fever, pain, and itching commonly precede the appearance of the characteristic rash. The most common complication is post-herpetic neuralgia, which is persistent nerve pain after the rash clears up. The risk factors and complications associated with herpes zoster vary depending on age, immune health, and timing of treatment initiation. Vaccination for individuals aged 60 and above has been shown to significantly reduce the occurrence of herpes zoster and post-herpetic neuralgia. Starting antiviral medications and pain relievers within 72 hours of rash onset can lessen the severity and complications of herpes zoster and post-herpetic neuralgia.
 Prevention of Herpes Zoster: A Focus on the Effectiveness and Safety of Herpes Zoster Vaccines 36560671 
NIH
承認前の臨床試験では、帯状疱疹生ワクチンの有効性は約50~70%であるのに対し、組換えワクチンの有効性は90~97%の範囲であることが示されています。実際の研究では、生ワクチンの有効性が約46%であるのに対し、組換えワクチンの有効性は約85%であることを示し、試験結果を支持しています。
The pre-licensure clinical trials show the efficacy of the live zoster vaccine to be between 50 and 70% and for the recombinant vaccine to be higher at 90 to 97%. Real-world effectiveness studies, with a follow-up of approximately 10 years, were reviewed in this article. These data corroborated the efficacy studies, with vaccine effectiveness being 46% and 85% for the live and recombinant vaccines, respectively.