Herpetic whitlowhttps://en.wikipedia.org/wiki/Herpetic_whitlow
Herpetic whitlow は、単純ヘルペス ウイルスによって引き起こされる指または親指の病変です。これは、通常、指や親指に起こる痛みを伴う感染症です。

Herpetic whitlow は、HSV-1 または HSV-2 による感染によって引き起こされる可能性があります。 HSV-1 ウィスローは、ウイルスに接触した医療従事者によって感染することがよくあります。最も一般的には、口腔分泌物にさらされた歯科従事者や医療従事者が感染します。また、HSV-1 に口腔感染した指しゃぶりをする小児や、HSV-2 に感染した性器との接触後の 20 ~ 30 歳の成人にもよく観察されます。

治療 ― OTC医薬品
アシクロビルクリームはヘルペスの治療に使用できます。鎮痛剤としてアセトアミノフェンを服用します。
#Acyclovir cream
#Acetaminophen

処理
#Acyclovir
#Fancyclovir
#Valacyclovir
  • Herpetic whitlow ― 指の単純ヘルペス感染症は、成人よりも幼児に多く見られます。
  • @写真は腫れたHerpetic whitlowです。
References Herpetic Whitlow 29494001 
NIH
Herpes simplex virus (HSV) は広く蔓延しており、多くの場合、直接の身体的接触を通じて小児期に広がります。一般的に口 (HSV-1) または生殖器 (HSV-2) に影響を与えます。まれに、指先まで広がり、 herpetic whitlow と呼ばれる痛み、腫れ、発赤、水疱が生じることがあります。
Herpes simplex virus (HSV) is common and is most often transmitted in childhood through direct physical contact. The most common infectious sites are oral mucosa (HSV-1) or genital mucosa (HSV-2). Rarely, the infection may be spread to the distal phalanx via direct inoculation and cause pain, swelling, erythema, and vesicles in an entity known as herpetic whitlow.
 Herpetic Whitlow - Case reports 29414271
1 歳の女の子は、指の 1 つに 4 日間の発熱、発赤、腫れが続いて入院しました。口内炎の検査により単純ヘルペスウイルス 1 型の存在が確認され、 herpetic whitlow と診断されました。
A one-year-old girl was hospitalized after experiencing four days of fever, redness, and swelling in one of her fingers. Tests on a mouth sore confirmed the presence of herpes simplex virus type 1, leading to a diagnosis of herpetic whitlow.