Hidradenitis suppurativa - 化膿性汗腺炎https://ja.wikipedia.org/wiki/化膿性汗腺炎
化膿性汗腺炎 (Hidradenitis suppurativa) は、炎症を起こして腫れたしこりの発生を特徴とする慢性の皮膚疾患です。これらは通常、痛みを伴い、破れて液体や膿が放出されます。最もよく影響を受ける領域は、脇の下、胸の下、鼠径部です。治癒後に瘢痕組織が残ります。

正確な原因は通常不明ですが、遺伝的要因と環境的要因の組み合わせが関与していると考えられています。この病気を持つ人の約 3 分の 1 に、家族の誰かがこの病気に罹患しています。他の危険因子としては、肥満や喫煙などがあります。この状態は感染症や不衛生によって引き起こされるものではありません。

治療法は知られていない。病変を切り開いて排出しても、大きな効果は得られません。抗生物質は一般的に使用されていますが、その使用に関する証拠は不十分です。免疫抑制剤も試される場合があります。より重度の病気の場合は、レーザー治療や患部の皮膚を切除する手術が有効な場合があります。まれに、皮膚病変が皮膚がんに発展することがあります。

化膿性汗腺炎 (hidradenitis suppurativa) の軽度の症例が含まれる場合、その頻度は人口の 1 ~ 4% と推定されます。女性は男性よりもこの病気と診断される可能性が3倍高くなります。発症は通常、若年成人期に起こります。

  • 化膿性汗腺炎 (Hidradenitis suppurativa) (ステージ I) 脇の下。これは非常に軽度の 化膿性汗腺炎 (Hidradenitis suppurativa) のケースです。
  • 化膿性汗腺炎 (Hidradenitis suppurativa) ステージ III
  • 化膿性汗腺炎 (Hidradenitis suppurativa) ステージ III ― 炎症を起こした病変。
  • 化膿性汗腺炎 (Hidradenitis suppurativa) ステージ III ― 開いた病変は非常に痛みを伴います。
References What is hidradenitis suppurativa? 28209676 
NIH
Hidradenitis suppurativa は慢性的で再発を繰り返す皮膚疾患で、生活に重大な影響を与える可能性があります。これは毛包の炎症によって引き起こされ、細菌感染を引き起こすことがよくあります。医師は通常、傷の種類(結節、膿瘍、副鼻腔炎など)、傷の場所(通常は皮膚のひだ)、再発の頻度と残っている期間を調べることによって診断します。
Hidradenitis suppurativa is a chronic, recurrent, and debilitating skin condition. It is an inflammatory disorder of the follicular epithelium, but secondary bacterial infection can often occur. The diagnosis is made clinically based on typical lesions (nodules, abscesses, sinus tracts), locations (skin folds), and nature of relapses and chronicity.
 Medical Management of Hidradenitis Suppurativa with Non-Biologic Therapy: What’s New? 34990004 
NIH
非生物学的および非処置的治療は、一般に軽度の疾患に対して単独で使用されますが、中等度から重度の疾患に対しては生物学的療法および手術と組み合わせることができます。最近の研究では、HS の再燃および限局性病変に対して病変に直接注射されるコルチコステロイドの使用が有効であるというさらなる証拠が提供されています。さらに、テトラサイクリンを単独で使用することは、クリンダマイシンとリファンピシンを組み合わせた場合と同じくらい効果的である可能性があることを示唆する証拠があります。
Non-biologic and non-procedural treatments are often used as monotherapy for mild disease and can be used in conjunction with biologic therapy and surgery for moderate to severe disease. Recent studies highlighted in this review add support for the use of intralesional corticosteroids for HS flares and localized lesions, and there is evidence that monotherapy with tetracyclines may be as effective as the clindamycin/rifampicin combination.
 Hidradenitis Suppurativa: A Systematic Review and Meta-analysis of Therapeutic Interventions 30924446
化膿性汗腺炎には、抗生物質、レチノイド、抗アンドロゲン、免疫抑制薬、抗炎症薬、初期病変に対する放射線療法など、多くの治療法が使用されます。最も推奨される治療法はアダリムマブとレーザー療法です。単純な切除または皮膚移植を伴う完全な局所切除のいずれかの手術は、他の治療法で効果が得られない重度の進行した症例に推奨される選択肢です。
Many treatments are used for hidradenitis suppurativa, including antibiotics, retinoids, antiandrogens, immune-suppressing drugs, anti-inflammatory medications, and radiotherapy for early lesions. The top recommended treatments are adalimumab and laser therapy. Surgery, either simple excision or complete local excision with skin grafting, is the preferred option for severe, advanced cases that don't respond well to other treatments.