Hypertrophic scar - 肥厚性瘢痕https://ja.wikipedia.org/wiki/肥厚性瘢痕
肥厚性瘢痕 (Hypertrophic scar) は、隆起した瘢痕を引き起こす過剰な量のコラーゲンの沈着を特徴とする皮膚の状態です。ただし、程度はケロイドで観察されるものほど深刻ではありません。ケロイドと同様に、ニキビ、ボディピアス、切り傷、火傷の部位に最も多く形成されます。創傷上の機械的張力は、 肥厚性瘢痕 (hypertrophic scar) 形成の主な原因である可能性があります。

肥厚性瘢痕 (hypertrophic scar) は赤く厚く、かゆみや痛みを伴う場合があります。肥厚性病変は元の創傷の境界を越えて広がることはありませんが、最長 6 か月間肥厚し続ける場合があります。 肥厚性瘢痕 (hypertrophic scar) は通常 1 ~ 2 年で改善しますが、その外観やかゆみの強さによって苦痛を引き起こす場合があります。また、関節の近くにある場合、動きを制限する可能性があります。

進行中の肥厚性病変はコルチコステロイド注射で治療される場合があります。

処理
肥厚性瘢痕は、1か月間隔で5~10回の病変内ステロイド注射で改善できます。
#Triamcinolone intralesional injection

瘢痕化に伴う紅斑にはレーザー治療が試みられる場合がありますが、トリアムシニロン注射でも瘢痕を平らにすることで紅斑を改善できます。
#Dye laser (e.g. V-beam)
  • 肥厚性瘢痕 (Hypertrophic scar) ― 4か月後
    References Hypertrophic Scarring 29261954 
    NIH
    Hypertrophic scarring は、傷の治癒がうまくいかなくなった一種です。ケロイド瘢痕とよく混同されますが、同じではありません。肥厚性瘢痕では、元の創傷領域内にのみ余分な組織が蓄積します。一方、ケロイドは傷の境界を越えて広がります。
    Hypertrophic scarring represents an undesirable variant in the wound healing process. Another variant of wound healing, the keloid scar, is often used interchangeably with hypertrophic scarring, but this is incorrect. The excess connective tissue deposited in hypertrophic scarring is restricted to the area within the original wound. The excess connective tissue deposited in the keloid, however, extends beyond the area of the original wound.
     Scar Revision 31194458 
    NIH
    怪我は治癒過程の一環として傷跡を残すことがよくあります。理想的には、傷跡は平らで狭く、肌の色と一致している必要があります。感染、血流制限、外傷などのさまざまな要因により、治癒が遅くなる可能性があります。傷跡が盛り上がったり、濃くなったり、きつくなったりすると、機能的および感情的な問題が生じる可能性があります。
    Scars are a natural and normal part of healing following an injury to the integumentary system. Ideally, scars should be flat, narrow, and color-matched. Several factors can contribute to poor wound healing. These include but are not limited to infection, poor blood flow, ischemia, and trauma. Proliferative, hyperpigmented, or contracted scars can cause serious problems with both function and emotional well-being.