Idiopathic guttate hypomelanosis - 特発性滴状低メラノーシスhttps://en.wikipedia.org/wiki/Idiopathic_guttate_hypomelanosis
特発性滴状低メラノーシス (Idiopathic guttate hypomelanosis) は非常に一般的な後天性疾患で、男性よりも女性の方が罹患することが多いです。この病気は、主に皮膚の日光にさらされた領域に発生する皮膚病変を示し、日光への曝露が何らかの役割を果たしている可能性を示唆しています。 QS1064 レーザーを使用した肝斑の長期治療後にも同様の病変が見つかる可能性があります。特別な治療は必要ありません。

      References Idiopathic Guttate Hypomelanosis 29489254 
      NIH
      Idiopathic guttate hypomelanosis は、通常は何の症状も引き起こさない無症候性の皮膚疾患です。肌の白い高齢者によく見られますが、見落とされがちです。この病気は、その見た目のせいで煩わしい場合もありますが、害はありません。これらの明るい色の斑点が一度現れると、自然に消えることはありません。
      Idiopathic guttate hypomelanosis (IGH) is a benign, typically asymptomatic, leukodermic dermatosis of unclear etiology that is classically seen in elderly, fair-skinned individuals, and often goes unrecognized or undiagnosed. Occasionally, IGH is aesthetically displeasing. However, it is not a dangerous process. Once present, lesions do not remit.