Intertrigo - 間擦疹https://en.wikipedia.org/wiki/Intertrigo
間擦疹 (Intertrigo) は、人の体のひだの領域内で発生する表層皮膚の炎症性発疹の一種を指します。 間擦疹 (intertrigo) の影響を受けやすい体の部位には、乳房下ひだ、臀裂、脇の下、指や足の指の間の空間などがあります。湿気、摩擦、汗、尿、便などの体分泌物への曝露は、皮膚の破壊を促進します。

「 間擦疹 (intertrigo) 」という用語は、通常、細菌 (Corynebacterium minutissimum など)、真菌 (Candida albicans など)、またはウイルスによる二次感染を指します。最も一般的な原因はカンジダ感染症です。

間擦疹 (intertrigo) は、暖かく湿気の多い条件でより頻繁に発生します。一般に、 間擦疹 (intertrigo) は、子供、高齢者、免疫力が低下している人など、免疫力が低下している人によく見られます。 間擦疹 (intertrigo) は、尿失禁や運動能力の低下を経験する人にもよく見られます。

治療 ― OTC医薬品
※OTC抗真菌薬
カンジダ・アルビカンスが最も一般的な原因であるため、ほとんどの場合、抗真菌薬が処方されます。
#Ketoconazole
#Clotrimazole
#Miconazole
#Terbinafine
#Butenafine [Lotrimin]
#Tolnaftate

※市販ステロイド
アレルギーや刺激性炎症を軽減するために、OTC ステロイドを併用できます。
#Hydrocortisone lotion
  • 腋窩 間擦疹 (Intertrigo)
  • 脇の下間擦疹 (Intertrigo)
References The diagnosis, management and prevention of intertrigo in adults: a review 37405940
Intertrigo は、皮膚のひだの間でこすれることで引き起こされる頻繁な皮膚疾患で、通常は限られた空気の流れによって湿気が閉じ込められることが原因です。皮膚表面が密接に接触する場所であればどこでも発生する可能性があります。
Intertrigo is a frequent skin disease triggered by rubbing between skin folds, typically due to trapped moisture from limited air flow. It can happen wherever skin surfaces touch closely.
 Intertrigo and Common Secondary Skin Infections 16156342
Intertrigo は、皮膚のひだ同士がこすれて炎症を起こす病気です。これは、皮膚と粘膜が接触する領域に影響を与える一般的な問題です。子供の場合はおむつかぶれとして現れることがあります。これは自然な皮膚のひだだけでなく、肥満によってできたひだにも発生します。これらの領域の摩擦は、細菌や真菌感染症などの合併症を引き起こす可能性があります。 intertrigo を管理する通常の方法は、コーンスターチやバリア クリームなどの粉末を使用して湿気と摩擦を減らすことです。患者は、ゆったりとした通気性のある衣服を着用し、ウールや合成繊維などの素材を避けるべきです。医師は患者に対し、熱、湿気、屋外活動を避けるようアドバイスする必要があります。通常、運動は良いことですが、患者は運動後にシャワーを浴びて患部を完全に乾かす必要があります。足の指の間の間擦疹の場合は、つま先の開いた靴を履くと効果的です。細菌または真菌感染症は、原因に応じて消毒剤、抗生物質、または抗真菌剤で治療する必要があります。
Intertrigo is the disease when skin folds become inflamed due to rubbing against each other. It's a common issue that affects areas where skin touches skin or mucous membranes. In kids, it can show up as diaper rash. It happens in natural skin folds and also in folds created by obesity. Friction in these areas can lead to complications like bacterial or fungal infections. The usual way to manage intertrigo is to reduce moisture and friction using powders like cornstarch or barrier creams. Patients should wear loose, breathable clothes and avoid materials like wool or synthetics. Doctors should advise patients on avoiding heat, humidity, and outdoor activities. Exercise is usually good, but patients should shower afterward and thoroughly dry affected areas. For intertrigo between the toes, wearing open-toed shoes can help. Bacterial or fungal infections should be treated with antiseptics, antibiotics, or antifungals, depending on the cause.
 Intertrigo 30285384 
NIH
Intertrigo は、皮膚のひだに炎症を引き起こす皮膚の状態で、通常は暖かさ、摩擦、湿気、空気の流れの悪さなどの要因が原因です。特にカンジダに感染することが多いですが、他の細菌も関与している可能性があります。 Intertrigo はあらゆる年齢層の人々に影響を与える可能性があり、通常は臨床症状に基づいて診断されます。関係する一般的な領域には、脇の下、胸の下、腹部のひだ、鼠径部などがあります。影響を受けた皮膚は通常赤く見え、時間の経過または操作によって追加の病変が発生する可能性があります。
Intertrigo is a superficial inflammatory skin condition of the skin's flexural surfaces, prompted or irritated by warm temperatures, friction, moisture, maceration, and poor ventilation. Intertrigo's Latin translation, inter (between), and terere (to rub) helps explain the physiology of the condition. Intertrigo commonly becomes secondarily infected, notably with Candida; however, other viral or bacterial etiologies may play a factor in its pathogenesis. Intertrigo can be seen in all ages and is primarily a clinical diagnosis, with the frequently affected areas being the axilla, inframammary creases, abdominal folds, and perineum. Characteristically, the lesions are erythematous patches of various intensity with secondary lesions appearing as the condition progresses or is manipulated.