Irritate fibroma - 刺激性線維腫

刺激性線維腫 (Irritate fibroma) は口腔の線維性結節であり、外傷またはその他の局所的な刺激源に続発する反応性過形成であると考えられることがよくあります。

      References A case of irritation fibroma 30858793 
      NIH
      53 歳の男性は、2 年前から舌の先端にできものがあったため、皮膚科クリニックに送られました。自覚症状がなかったため、治療は受けなかった。成長はゆっくりで、来院するまであまり変化はありませんでした。彼は概して健康だったが、ほぼ 30 年間、1 日に約 20 本のタバコを吸っていた。彼は口腔内の外傷歴を否定した。病変は舌先に直径約 0. 5 cmの結節を認めた。感触は硬く、色は正常な舌組織のように見えました。
      A 53-year-old man was referred to the Dermatology Clinic with a 2-year history of an exophytic lesion on the tip of his tongue. He did not accept any treatment since the lesion had no subjective symptoms. The lesion developed slowly and showed no notable change in size until this visit. The patient was systemically healthy, but he had a long history of smoking for almost 30 years and at least 20 cigarettes per day. In addition, he denied any history of trauma in his oral cavity. The lesion showed a well-defined nodule with approximate 0.5 cm diameter on the tip of the tongue. The nodule was firm and presented a color resembling normal mucosa.