Keloid - ケロイドhttps://ja.wikipedia.org/wiki/ケロイド
ケロイド (Keloid) これは、治癒した皮膚損傷部位での肉芽組織 (3 型コラーゲン) の過剰増殖の結果です。 ケロイド (keloid) 硬くてゴム状の病変または光沢のある線維性結節であり、色はピンクから人の肌の色、または赤から暗褐色までさまざまです。ケロイド瘢痕は伝染性ではありませんが、重度のかゆみ、針のような痛み、質感の変化を伴うことがあります。重度の場合は皮膚の動きに影響を与えることもあります。 ケロイド (keloid) これは、元の傷の境界を超えて成長しない盛り上がった瘢痕である肥厚性瘢痕とは異なります。

ケロイド瘢痕は、アフリカ系、アジア系、またはヒスパニック系の人に多く見られます。 10歳から30歳までの人々は、高齢者よりもケロイドを発症する傾向が高くなります。

通常、損傷部位に発生しますが、 ケロイド (keloid) 自然発生的に生じることもあります。ピアスの場所だけでなく、ニキビや引っかき傷などの単純なものからも発生することがあります。これらは、重度の座瘡や水痘の瘢痕、創傷部位の感染、その領域への繰り返しの外傷、創傷閉鎖中の過度の皮膚の緊張、または創傷内の異物の結果として発生する可能性があります。

手術後にケロイド瘢痕が発生する可能性があります。胸の中央部(胸骨切開によるもの)、背中と肩(通常はニキビによるもの)、耳たぶ(ピアスによるもの)など、いくつかの部位でより一般的です。ボディピアスにも発生することがあります。最も一般的な場所は、耳たぶ、腕、骨盤領域、鎖骨の上です。

利用可能な治療法には、圧迫療法、シリコーンゲルシート、病変内トリアムシノロンアセトニド、凍結手術、放射線、レーザー療法、インターフェロン、5-FU、および外科的切除があります。

治療
肥厚性瘢痕は、1か月間隔で5~10回の病変内ステロイド注射で改善できます。
#Triamcinolone intralesional injection

瘢痕化に伴う紅斑にはレーザー治療が試みられる場合がありますが、トリアムシニロン注射でも瘢痕を平らにすることで紅斑を改善できます。
#Dye laser (e.g. V-beam)
  • トリアムシノロン病変内注射で治療された手首の術後のケロイド。左側の陥没した紅斑領域が治療領域です。
  • 線状ケロイド。胴体の前面上部に発生する場合は、線状に現れることがよくあります。
  • 過剰炎症性ケロイドが胸の間に現れることがあり、かゆみや軽い痛みを伴う場合があります。
  • 後耳介ケロイド
  • 内視鏡手術後に臍ケロイドが発生することがあります。
  • 胸の前部のケロイドは、横線状の形状をしていることがよくあります。
  • 足の裏のケロイドは歩くのが不快になることがあります。通常、病変内ステロイド注射が数回行われます。
  • Keloid Papule;通常、胸部の毛嚢炎の後に発生します。
  • 結節性ケロイド。肩と上腕の領域はケロイドが形成されやすい部位です。
  • ケロイドは胸部によく見られます。
  • 耳たぶケロイド
  • あごの領域もケロイドが発生しやすい部位であり、ニキビが存在する領域にケロイドが発生することがよくあります。
  • ケロイドは上腕によく見られます。
  • 胸部ケロイドの典型的な症状。
  • Guttate keloid は毛嚢炎が原因で起こることが多いです。
References Keloid 29939676 
NIH
ケロイドは、皮膚の損傷や炎症後の異常な治癒によって形成されます。遺伝的および環境的要因がその発達に寄与しており、アフリカ系、アジア系、ヒスパニック系の肌の色が濃い人でその割合が高くなります。ケロイドは、線維芽細胞が過剰に活動し、過剰なコラーゲンと成長因子を生成すると発生します。これにより、線維芽細胞の増加とともに、ケロイド状コラーゲンとして知られる大きな異常なコラーゲン束が形成されます。臨床的には、ケロイドは以前に損傷を受けた領域に硬いゴム状の小結節として現れます。通常の傷跡とは異なり、ケロイドは元の外傷部位を超えて広がります。患者は痛み、かゆみ、灼熱感を感じることがあります。ステロイド注射、凍結療法、手術、放射線療法、レーザー療法など、さまざまな治療法が利用可能です。
Keloids result from abnormal wound healing in response to skin trauma or inflammation. Keloid development rests on genetic and environmental factors. Higher incidences are seen in darker skinned individuals of African, Asian, and Hispanic descent. Overactive fibroblasts producing high amounts of collagen and growth factors are implicated in the pathogenesis of keloids. As a result, classic histologic findings demonstrate large, abnormal, hyalinized bundles of collagen referred to as keloidal collagen and numerous fibroblasts. Keloids present clinically as firm, rubbery nodules in an area of prior injury to the skin. In contrast to normal or hypertrophic scars, keloidal tissue extends beyond the initial site of trauma. Patients may complain of pain, itching, or burning. Multiple treatment modalities exist although none are uniformly successful. The most common treatments include intralesional or topical steroids, cryotherapy, surgical excision, radiotherapy, and laser therapy.
 Keloid treatments: an evidence-based systematic review of recent advances 36918908 
NIH
現在の研究は、コルチコステロイド注射と併用したシリコーンゲルまたはシートがケロイドの好ましい初期治療であることを示唆しています。有効性にはばらつきがありますが、病変内 5-フルオロウラシル (5-FU) 、ブレオマイシン、ベラパミルなどの追加治療も考慮されます。レーザー治療をコルチコステロイド注射または閉塞下での局所ステロイドと組み合わせると、薬物の浸透を高めることができます。難治性ケロイドの場合は、外科的切除とその後の即時放射線療法が効果的であることが示されています。最後に、シリコン シートと圧迫療法を使用すると、ケロイドの再発の可能性が低下することが証明されています。
Current literature supports silicone gel or sheeting with corticosteroid injections as first-line therapy for keloids. Adjuvant intralesional 5-fluorouracil (5-FU), bleomycin, or verapamil can be considered, although mixed results have been reported with each. Laser therapy can be used in combination with intralesional corticosteroids or topical steroids with occlusion to improve drug penetration. Excision of keloids with immediate post-excision radiation therapy is an effective option for recalcitrant lesions. Finally, silicone sheeting and pressure therapy have evidence for reducing keloid recurrence.
 Keloids: a review of therapeutic management 32905614 
NIH
現在、ケロイドの再発率を一貫して低く保証する万能の治療法はありません。しかし、ステロイドと併用してレーザーを使用したり、5-フルオロウラシルとステロイドを組み合わせたりするなど、選択肢が増えてきており、有望であることが証明されています。今後の研究では、自家脂肪移植や幹細胞ベースの治療などの新しい治療法がケロイドの管理にどの程度効果があるかに焦点が当てられる可能性がある。
There continues to be no gold standard of treatment that provides a consistently low recurrence rate; however the increasing number of available treatments and synergistic combinations of these treatments (i.e., laser-based devices in combination with intralesional steroids, or 5-fluorouracil in combination with steroid therapy) is showing favorable results. Future studies could target the efficacy of novel treatment modalities (i.e., autologous fat grafting or stem cell-based therapies) for keloid management.
 Scar Revision 31194458 
NIH
傷跡は皮膚損傷後の治癒過程でよく見られる部分です。理想的には、傷跡は平らで薄く、肌の色と一致している必要があります。感染、血流の低下、虚血、外傷など、多くの要因が傷の治癒不良を引き起こす可能性があります。傷跡が厚く、周囲の皮膚よりも暗い場合、または過度に縮小している場合は、身体機能と精神的健康の両方に重大な問題を引き起こす可能性があります。
Scars are a natural and normal part of healing following an injury to the integumentary system. Ideally, scars should be flat, narrow, and color-matched. Several factors can contribute to poor wound healing. These include but are not limited to infection, poor blood flow, ischemia, and trauma. Proliferative, hyperpigmented, or contracted scars can cause serious problems with both function and emotional well-being.