Keratoacanthoma - ケラトアカントーマhttps://ja.wikipedia.org/wiki/ケラトアカントーマ
ケラトアカントーマ (Keratoacanthoma) は急速に増殖する一般的な皮膚腫瘍ですが、転移や浸潤の可能性は低いです。腫瘍の形状は扁平上皮癌に似ている場合があります。 ケラトアカントーマ (keratoacanthoma) は、日光にさらされた皮膚、多くの場合顔、前腕、手によく見られます。

顕微鏡で見ると、 ケラトアカントーマ (keratoacanthoma) は扁平上皮癌に非常によく似ています。一部の病理学者は ケラトアカントーマ (keratoacanthoma) を悪性腫瘍ではなく別個の存在として分類していますが、臨床的および組織学的 ケラトアカントーマ (keratoacanthoma) の約6%は浸潤性および侵襲性の扁平上皮癌に進行します。

診断と治療
#Dermoscopy
#Skin biopsy
  • 通常 ケラトアカントーマ (Keratoacanthoma)
  • この症例は、いぼに似た外観をしています。
References An Updated Review of the Therapeutic Management of Keratoacanthomas 36588786 
NIH
Keratoacanthoma (KA) は、急速に増殖し、自然に退縮する可能性があることで知られる、頻繁に発生する皮膚腫瘍です。これは通常、日光によるダメージを受けた経験のある、年配の色白の男性に発生します。切除またはモース顕微鏡手術による外科的除去が通常の治療法ですが、他にもさまざまな治療法の選択肢があります。
Keratoacanthoma (KA) is a common cutaneous tumor characterized by rapid growth and possible spontaneous regression. It most commonly affects older, fair-skinned males with significantly sun damaged skin. Although surgical removal with excision or Mohs micrographic surgery remains the standard of therapy, there are many alternative therapeutic modalities that can be utilized.
 A Clinical, Histopathological and Immunohistochemical Approach to the Bewildering Diagnosis of Keratoacanthoma 25191656 
NIH
Keratoacanthoma (KA) は、皮膚の特定の腺で発生する低悪性度の腫瘍で、顕微鏡で見ると squamous cell carcinoma (SCC) に似ています。 KA を侵襲性 SCC の一種として分類すべきかどうかについては、議論が続いています。
Keratoacanthoma (KA) is a comparatively common low-grade tumor that initiates in the pilo-sebaceous glands and pathologically mimics squamous cell carcinoma (SCC). Essentially, strong debates confirm classifying keratoacanthoma as a variant of invasive SCC. The clinical behavior of KA is hardly predictable and the differential diagnosis of keratoacanthoma and other conditions with keratoacanthoma-like pseudocarcinomatous epithelial hyperplasia is challenging, both clinically and histopathologically.
 Intralesional Treatments for Invasive Cutaneous Squamous Cell Carcinoma 38201585 
NIH
Cutaneous squamous cell carcinoma (cSCC) は、人々、特に高齢者に 2 番目に多い種類の癌です。 cSCCの治療には通常、手術が使用されますが、手術を受けられない、または手術を受けないことを選択した一部の患者の場合は、病変内治療などの他の選択肢が考慮される場合があります。従来の病変内治療 (methotrexate or 5-fluorouracil) が使用されてきましたが、病変内免疫療法や腫瘍溶解性ウイルス療法などの新しいアプローチに関する研究が進行中です。ここでは、古典的な方法から最先端の戦略まで、cSCC のさまざまな病巣内治療を見ていきます。
Cutaneous squamous cell carcinoma (cSCC) is the second most frequent cancer in humans, and it is especially common in fragile, elderly people. Surgery is the standard treatment for cSCC but intralesional treatments can be an alternative in those patients who are either not candidates or refuse to undergo surgery. Classic intralesional treatments, including methotrexate or 5-fluorouracil, have been implemented, but there is now a landscape of active research to incorporate intralesional immunotherapy and oncolytic virotherapy into the scene, which might change the way we deal with cSCC in the future. In this review, we focus on intralesional treatments for cSCC (including keratoacanthoma), from classic to very novel strategies.