Keratosis pilaris - 毛孔性角化症https://ja.wikipedia.org/wiki/毛孔性苔癬
毛孔性角化症 (Keratosis pilaris) は、常染色体優性の皮膚の毛包の一般的な遺伝病で、さまざまな程度の発赤や炎症を伴う、かゆみを伴う小さな鳥肌のような隆起の出現を特徴とします。最も多くの場合、上腕の外側(前腕も影響を受ける場合があります)、太もも、顔(顎)に現れます。多くの場合、顔の病変はニキビと間違われることがあります。

毛孔性角化症 (keratosis pilaris) は、小児に発生する一般的な毛包の疾患です。 毛孔性角化症 (keratosis pilaris) が成人にどの程度蔓延しているかは不明ですが、人口の 0.75 ~ 34% と推定されています。治療には、保湿剤とグリコール酸、乳酸、サリチル酸、尿素などの薬剤の局所製剤を皮膚に塗布することが含まれます。

治療 ― OTC医薬品
#12% lactate lotion [Lachydrin]
  • 中程度の場合には、12% 乳酸ローションを使用できます。
  • 毛孔性角化症 (Keratosis pilaris) ― 腕
  • 下肢にも発生することがありますが、ほとんどの場合は上腕に発生します。
  • 典型的なケース
  • 毛孔性角化症 (Keratosis pilaris) (中程度)
References Keratosis Pilaris 31536314 
NIH
十代の若者によく見られる Keratosis pilaris は、長期にわたる皮膚の問題です。毛包の周囲、主に腕と脚に赤みを伴うでこぼこした斑点として現れます。通常は不快感を引き起こすことはありませんが、時間の経過とともに症状は改善する傾向があります。治療には、保湿剤と特定のスキンクリームの使用が含まれます。具体的には、サリチル酸 6% のローションまたは尿素 20% のクリームを使用すると、肌の質感が改善されます。
Keratosis pilaris is a chronic condition most common in the adolescent population. The condition characteristically presents with papules with follicular involvement and surrounding erythema typically located on the extensor surfaces of the proximal upper and lower extremities. Keratosis pilaris is an asymptomatic condition that generally improves over time. The topical treatments include emollients and topical keratolytics. Skin texture improves with the use of either salicylic acid lotion 6% or urea cream 20%.