Lichen nitidus - 光沢苔癬https://en.wikipedia.org/wiki/Lichen_nitidus
光沢苔癬 (Lichen nitidus) は、原因不明の炎症性疾患で、1 ~ 2 mm の離散的で均一な光沢のある平らな上部の淡い肌色または赤褐色の丘疹を特徴とします。この病気は通常、子供と若者に影響を与えます。一般に、 光沢苔癬 (lichen nitidus) は無症状であるため、治療の必要はありません。

  • この写真は典型的なケースではありません。インターネットでlichen nitidusを検索してください。
    References Lichen Nitidus 31869173 
    NIH
    Lichen nitidus は通常、子供と若者に現れ、性別とすべての人種に等しく影響を与えます。これは皮膚上に、通常は幅 1 ~ 2 mm の、小さく光沢のある平らな表面の隆起として現れます。これらの隆起は、腕、脚、腹、胸、または陰茎に現れることがよくあります。通常は無症候性であるため、治療は通常、症候性の病変または美容上問題のある病変に対して行われます。
    Lichen nitidus most commonly presents in children and young adults and does not favor one sex or race. Lichen nitidus presents as multiple, discrete, shiny, flat-topped, pale to skin-colored papules, 1 to 2 mm in diameter. These lesions commonly present on the limbs, abdomen, chest, and penile shaft. It is usually asymptomatic, so treatment is generally for symptomatic or cosmetically disturbing lesions.