Lichen planus - 扁平苔癬https://ja.wikipedia.org/wiki/扁平苔癬
扁平苔癬 (Lichen planus) は、皮膚、爪、毛髪、粘膜に影響を及ぼす慢性炎症性の免疫介在性疾患です。それは、多角形で上部が平らな丘疹と、その上にある網目状の細かい白い鱗片(ウィッカム線条)を伴うプラークによって特徴付けられます。一般的に、手の背、屈曲した手首と前腕、胴体、下肢の前部、および口腔粘膜に影響を及ぼします。原因は不明ですが、最初の引き金が不明な自己免疫プロセスの結果であると考えられています。

皮膚扁平苔癬の診断を確定するには、皮膚生検を行うことができます。直接免疫蛍光 (DIF) は、水疱性病変を有する患者において、その状態を自己免疫性水疱性水疱性疾患と区別するのに役立ちます。

  • 両方のすねの広い病変は非定型的です。この場合、通常は他の慢性アレルギー疾患 (lichen simplex chronicus) がより疑われます。
  • 頬粘膜 (頬) の非びらん性 扁平苔癬 (Lichen planus) の白い縞模様。
  • かゆみを伴う硬い丘疹がいくつか出現するのが特徴です。 扁平苔癬 (Lichen planus) の典型的な姿です。
  • Leukoplakia ― 口腔内の白い斑点。
  • Atrophic lichen planus
References Cutaneous and mucosal lichen planus: a comprehensive review of clinical subtypes, risk factors, diagnosis, and prognosis 24672362 
NIH
Lichen planus (LP) は、主に中年期の成人に影響を与える長期にわたる炎症状態です。皮膚や口、膣、食道、発声器、目の内膜などの粘膜に現れることがあります。 LP は、発疹の見た目や発生場所に応じてさまざまな形があります。研究によると、食道や目に影響を与えるLPなど、特定の種類のLPは十分に診断されない可能性があります。口内の肥厚性タイプやびらん性タイプなどの一部のタイプの LP は、特に負担が大きく、長期間続く可能性があります。薬や特定の物質との接触などの他の要因も、同様の発疹を引き起こす可能性があります。
Lichen planus (LP) is a chronic inflammatory disorder that most often affects middle-aged adults. LP can involve the skin or mucous membranes including the oral, vulvovaginal, esophageal, laryngeal, and conjunctival mucosa. It has different variants based on the morphology of the lesions and the site of involvement. The literature suggests that certain presentations of the disease such as esophageal or ophthalmological involvement are underdiagnosed. The burden of the disease is higher in some variants including hypertrophic LP and erosive oral LP, which may have a more chronic pattern. LP can significantly affect the quality of life of patients as well. Drugs or contact allergens can cause lichenoid reactions as the main differential diagnosis of LP.
 Lichen Planus 10865927
Lichen planus は、紫色の平らな隆起や斑点が特徴の皮膚の状態で、激しいかゆみを引き起こす可能性があります。これらの皮膚病変は、特に口や性器に重篤な影響を及ぼした場合、苦痛を伴う場合があります。重症の場合、 oral lichen planus は一種の皮膚がんを発症するリスクを高める可能性さえあります。頭皮や爪にも影響を与える可能性があります。ほとんどの症例の原因は不明ですが、一部の症例は特定の薬剤または C 型肝炎感染によって引き起こされる可能性があります。治療には通常、局所的な症例には強力なクリームが使用され、より広範囲の症例には経口ステロイドが使用されます。
Lichen planus is a skin condition marked by purplish, flat-topped bumps and patches that can cause intense itching. These skin lesions can be distressing, especially when they affect the mouth or genitals severely. In severe cases, oral lichen planus may even increase the risk of developing a type of skin cancer. It can also affect the scalp and nails. While the cause of most cases is unknown, some may be triggered by certain medications or hepatitis C infection. Treatment typically involves strong creams for localized cases and oral steroids for more widespread ones.
 Oral lichen planus 32753462 
NIH
Lichen planus は、免疫系が炎症を引き起こし、皮膚や粘膜に独特の跡が残る状態です。成人の約 5% が罹患しており、女性に多く見られ、通常は中年頃に発症します。口腔病変は最大 77% の症例で見られ、ほとんどが頬の内側に影響を及ぼします。症状を感じない人もいますが、痛みを感じたり、特定の食べ物(酸性、辛いものなど)や歯磨き粉に問題を感じたりする人もいます。
Lichen planus is an immune-mediated inflammatory condition leading to characteristic lesions on skin and mucous membranes. It presents in up to 5% of the general adult population with a female predilection (2:1); the onset is most commonly in middle age. Up to 77% of patients with lichen planus have oral disease, with buccal mucosa the most common subsite. The oral lesions may be asymptomatic, although a subset of patients have pain and difficulty tolerating certain foods (e.g., acidic, spicy) and toothpaste.