Lichen striatus - 線状苔癬https://en.wikipedia.org/wiki/Lichen_striatus
線状苔癬 (Lichen striatus) は、主に小児に見られる稀な皮膚疾患であり、最も頻繁に現れるのは 5 ~ 15 歳です。それは小さな鱗状の丘疹で構成されます。 線状苔癬 (lichen striatus) の帯は幅が数ミリから1~2センチまであります。病変は数センチメートルから四肢の全長に及ぶ場合があります。

治療 ― OTC医薬品
線状苔癬 (lichen striatus) の患者の中には、治療を受けなくても1年以内に回復する人もいます。数カ月以上続く場合は医師にご相談ください。
#Hydrocortisone cream
  • 黒い斑点の上にある白い線状斑点は線条性苔癬の病変です。病変はほとんどの場合、線状の紅斑性の集団化した丘疹または斑点として現れます。黒い斑点はカフェオレ斑です。
    References Lichen Striatus 29939607 
    NIH
    Lichen striatus (LS) はまれで、主に子供に影響します。それは隆起した斑点を伴うピンク色の発疹として現れ、それらは融合してブラシュコ線に沿って 1 つ以上の鈍い赤の、おそらく鱗状の線を形成します。
    Lichen striatus (LS) is uncommon and occurs most frequently in children. It presents as a pink rash with raised spotting that comes together to form singular or multiple, dull-red, potentially-scaly linear bands that affect the Blaschko lines.