Livedo reticularis - 網状皮斑https://en.wikipedia.org/wiki/Livedo_reticularis
網状皮斑 (Livedo reticularis) は、皮膚のレース状の紫色の変色として現れるまだらの網状血管パターンからなる一般的な皮膚所見です。寒さにさらされると悪化する可能性があり、下肢に最も多く発生します。変色は、皮膚の毛細血管に血液を供給する細動脈を通る血流の減少によって引き起こされ、その結果、脱酸素化された血液が青色に変色します。これは、高脂血症、微小血管の血液学的状態または貧血状態、栄養不足、過剰免疫疾患および自己免疫疾患、薬物/毒素によって二次的に引き起こされる可能性があります。

  • 重度の腎下大動脈腸骨狭窄による病変。
  • Erythema ab igne vs. Livedo reticularis
References Livedo reticularis: A review of the literature 26500860 
NIH
Livedo reticularis (LR) は、一時的または永続的なまだらの、赤みがかった青から紫の網目のようなパターンが特徴の皮膚の状態です。主に中年の女性が罹患し、通常は無症状です。一方、 livedo racemosa (LRC) は、抗リン脂質抗体症候群に関連することが多い、より重篤な病型です。
Livedo reticularis (LR) is a cutaneous physical sign characterized by transient or persistent, blotchy, reddish-blue to purple, net-like cyanotic pattern. LR is a benign disorder affecting mainly middle-aged females, whereas livedo racemosa (LRC) is pathologic, commonly associated with antiphospholipid antibody syndrome.