Melanocytic nevus - メラニン細胞性母斑https://ja.wikipedia.org/wiki/ほくろ
メラニン細胞性母斑 (Melanocytic nevus) は、母斑細胞を含むメラノサイト腫瘍の一種です。母斑の大部分は、人生の最初の20年間に現れます。約100人に1人の赤ちゃんが母斑を持って生まれます。後天性母斑は良性新生物の一種ですが、先天性母斑は軽度の奇形または過誤腫と考えられており、黒色腫のリスクが高い可能性があります。良性母斑は円形または楕円形で、通常は小さい(通常 1 ~ 3 mm)ですが、一部の場合は一般的な鉛筆の消しゴムのサイズ(5 mm)よりも大きい場合があります。一部の母斑には毛が生えています。

処理
レーザー手術は、小さな母斑を美容的に除去するために一般的に行われます。 4~5mmを超える場合は外科的切除が必要になる場合があります。幼い子供の場合、サイズが 2 mm を超える母斑は、瘢痕を残さずに完全に除去するのが難しいことがよくあります。
#CO2 laser
#Er-YAG laser
  • 正常母斑
  • Becker nevus ― 肩;母斑上の毛の成長が特徴です。
  • Nevus of Ota ― 母斑細胞が真皮層の深い位置にあるため、青く見えます。この患者の場合、母斑は結膜上にあります。 Ota nevusはレーザー治療で除去できます。
  • Compound nevus ― お尻。小さな母斑は、年齢とともに大きな母斑に成長することがあります。
  • Intradermal nevus ― 隆起した結節の形状。
  • 正常な母斑。下の2枚の写真はintradermal nevus、上の3枚の写真はjunctional nevusです。
  • Blue nevus ― 母斑細胞が深く位置しているため、青色に見えます。
  • Intradermal nevus ― 頭皮に多く見られます。
  • この写真は母斑病変を示しています。ただし、主な病変がこのように小さい場合、アルゴリズムは状態を正確に予測できない可能性があります。
References Effective Treatment of Congenital Melanocytic Nevus and Nevus Sebaceous Using the Pinhole Method with the Erbium-Doped Yttrium Aluminium Garnet Laser 25324667 
NIH
Congenital melanocytic nevus は、出生時に存在するか、乳児期後期に現れるメラノサイト母斑です。脂腺母斑は、発生学的に欠陥のある毛包脂腺単位の過誤腫性部位として説明されています。ここでは、さまざまな患者の母斑病変を治療するために、 Erbium:YAG レーザーを使用したピンホール技術をどのように使用したかについて説明します。
Congenital melanocytic nevus (CMN) is a melanocytic nevus that is either present at birth or appears during the latter stages of infancy. Nevus sebaceous has been described as the hamartomatous locus of an embryologically defective pilosebaceous unit. Here, we describe how we used the pinhole technique with an erbium-doped yttrium aluminium garnet (erbium : YAG) laser to treat nevi lesions in different patients.
 Malignant Melanoma 29262210 
NIH
黒色腫は、皮膚の色を決定する細胞であるメラノサイトが癌化したときに形成される腫瘍の一種です。メラノサイトは神経堤に由来します。これは、黒色腫が皮膚だけでなく、胃腸管や脳などの神経堤細胞が移動する他の領域でも発生する可能性があることを意味します。早期黒色腫 (ステージ 0) の患者の生存率は 97% と高いですが、進行した段階 (ステージ IV) と診断された患者の生存率は約 10% に大幅に低下します。
A melanoma is a tumor produced by the malignant transformation of melanocytes. Melanocytes are derived from the neural crest; consequently, melanomas, although they usually occur on the skin, can arise in other locations where neural crest cells migrate, such as the gastrointestinal tract and brain. The five-year relative survival rate for patients with stage 0 melanoma is 97%, compared with about 10% for those with stage IV disease.