Milia - ミリアhttps://ja.wikipedia.org/wiki/稗粒腫
ミリア (Milia) エクリン汗腺の詰まりです。これは、表皮の直下に発生する可能性のある角質で満たされた嚢胞です。ミリアは白ニキビと混同されることもあります。小児では、稗粒腫は 2 ~ 4 週間以内に消えることがよくあります。成人の場合は、美容目的で医師によって除去できます。

治療
伝染性ではありません。不用意に剥がすと目の周りに点状の傷跡が残る場合があります。

  • 頻繁に目をこすると、稗粒腫が発生しやすくなります。
    References Milia 32809316 
    NIH
    Milia は、小さくて硬い白い隆起として現れる、ケラチンで満たされた良性の一過性の嚢胞です。通常、それらは顔に集中して現れますが、胸の上部、腕、生殖器領域などの他の体の部分にも発生する可能性があります。主に 2 つのタイプがあります。原発性稗粒腫は通常、出生時に存在し、鼻、頭皮、まぶた、頬などの領域に自然発生します。また、特定のまれな遺伝性皮膚疾患が原因で発生することもあります。二次性稗粒腫は、潜在的な皮膚の問題、薬物使用、または皮膚の外傷とともに発生します。
    Milia (singular: milium) are benign and transient subepidermal keratin cysts that present as small firm white papules in various numbers most commonly distributed on the face, but they can also be present on other anatomical areas such as the upper trunk, extremities, and genital area (prepuce). The classification of milia includes primary and secondary. The vast majority of primary milia accounts for congenital milia that occur spontaneously and are present at birth, mainly over the nose, scalp, eyelids, cheeks, gum border (Bohn nodules), and palate (Epstein pearls). Still, there is another percentage of primary milia that may occur in association with certain rare genodermatoses (inherited genetic skin disorders) in children and adults. Meanwhile, secondary milia manifest in association with underlying skin pathology, medications, or skin trauma.