Molluscum contagiosum - 軟属腫瘍https://ja.wikipedia.org/wiki/伝染性軟属腫
軟属腫瘍 (Molluscum contagiosum) は、小さな盛り上がったピンク色の病変を引き起こす皮膚のウイルス感染症です。軽度のかゆみを伴う場合もあります。

この感染症は伝染性軟属腫ウイルス(MCV)によって引き起こされます。このウイルスは、性行為を含む直接接触、またはタオルなどの汚染された物体を介して広がります。感染は体の他の領域自体にも広がる可能性があります。危険因子には、免疫力の低下やアトピー性皮膚炎などが含まれます。

除去には、凍結、レーザーアブレーション、またはカレテージツールによる機械的除去が試みられる場合があります。ポドフィロトキシンまたはサリチル酸を皮膚に塗布することも治療に使用される場合があります。

2010 年の時点で、世界中で約 1 億 2,200 万人 (人口の 1.8%) がこの病気に罹患しています。 1歳から10歳までの子供によく見られます。感染症にかかっているからといって、子どもを学校や保育園に通わせない理由にはなりません。

治療 ― OTC医薬品
こすったり引っかいたりすると小さな傷からウイルスが広がるのを防ぐため、患部をあまり洗ったり触ったりしないでください。サリチル酸を患部のみに注意深く塗布してみてください。
#Salicylic acid, brush applicator [Duofilm]
#Freeze, wart remover
  • 典型的な肌色の丘疹。
  • アトピー性皮膚炎の子供によく見られます。
References Molluscum Contagiosum 28722927 
NIH
Molluscum contagiosum は一般に水いぼとして知られ、良性の皮膚の状態です。 molluscum contagiosum の皮膚病変は mollusca と呼ばれます。典型的な病変はドーム状、円形、色はピンクがかった紫色に見えます。
Molluscum contagiosum, also called water warts, is a benign condition of the skin. The skin lesions of molluscum contagiosum are called mollusca. The typical lesion appears dome-shaped, round, and pinkish-purple in color.
 Molluscum contagiosum: an update and review of new perspectives in etiology, diagnosis, and treatment 31239742 
NIH
Molluscum contagiosum (MC) は、子供、性的に活動的な成人、免疫システムが低下している人々に見られる一般的な皮膚感染症です。これは、ポックスウイルス科の一部である molluscum contagiosum virus (MCV) と呼ばれるウイルスによって引き起こされます。 MCVは主に感染した皮膚との直接接触によって広がりますが、これは性的、非性的、あるいは患部に再び触れることによっても起こります。 MC は通常、皮膚上に硬くて丸い隆起として現れ、通常はピンク色または肌色で、中心が光沢があります。自然に消えるまで6~9か月続くことがあります。特に免疫力が低下している人の場合、隆起はサイズ、形状、位置が異なる場合があり、湿疹や細菌感染などの合併症を引き起こす可能性があります。
Molluscum contagiosum (MC) is a self-limited infectious dermatosis, frequent in pediatric population, sexually active adults, and immunocompromised individuals. It is caused by molluscum contagiosum virus (MCV) which is a virus of the Poxviridae family. MCV is transmitted mainly by direct contact with infected skin, which can be sexual, non-sexual, or autoinoculation. Clinically, MC presents as firm rounded papules, pink or skin-colored, with a shiny and umbilicated surface. The duration of the lesions is variable, but in most cases, they are self-limited in a period of 6-9 months. The skin lesions may vary in size, shape, and location, which is more frequent in immunosuppressed patients, and could present complications such as eczema and bacterial superinfection.
 Molluscum Contagiosum and Warts 12674451
Molluscum contagiosum と warts はウイルス感染によって引き起こされます。 Molluscum contagiosum は通常、永続的な影響を与えることなく自然に治りますが、免疫力が低下している人々ではさらに蔓延する可能性があります。通常、病変は自然に消えますが、擦過、凍結療法、または特定の酸の適用などの治療方法は、回復を早め、ウイルスが広がる可能性を下げるのに役立ちます。一方、いぼは、ヒトパピローマウイルスによって引き起こされる肥厚した皮膚の増殖です。イボは、その位置と外観に応じて、 common warts, periungual warts, flat warts, filiform warts, or plantar warts などのさまざまな種類に分類されます。イボの治療オプションには、酸の適用、凍結療法、掻爬、薬物の使用、免疫システムの強化など、さまざまな方法が含まれます。
Molluscum contagiosum and warts are caused by viral infections. Molluscum contagiosum usually goes away on its own without any lasting effects, but it can be more widespread in people with weakened immune systems. Although the lesions typically vanish by themselves, treatment methods like scraping, cryotherapy, or applying certain acids can help speed up recovery and lower the chances of spreading the virus. Warts, on the other hand, are thickened skin growths triggered by the human papillomavirus. Depending on their location and appearance, warts are categorized into different types (common warts, periungual warts, flat warts, filiform warts, plantar warts). Treatment options for warts include various methods like applying acids, cryotherapy, scraping, using medication, or boosting the immune system.