Morphea - モルフェアhttps://en.wikipedia.org/wiki/Morphea
モルフェア (Morphea) は、顔、手、足、または体の他の場所の皮膚を硬くする強皮症の一種であり、内臓には影響がありません。モルフェアは、過剰なコラーゲンの沈着による皮膚および皮下組織の肥厚および硬化です。モルフェアは、内臓の関与がないことで「全身性硬化症」と区別します。

モルフェアは非常にまれな病気です。写真の構図により、アルゴリズムが モルフェア (morphea) と誤認した可能性があります。

  • モルフェア (Morphea) の病変は通常、萎縮性色素斑として現れます。
  • Frontal linear scleroderma
  • Frontal linear scleroderma
  • 薄くなった(または薄くなった)白黒の病変は モルフェア (Morphea) を疑います。
References Localized scleroderma: clinical spectrum and therapeutic update 25672301 
NIH
Scleroderma は結合組織に影響を与える稀な病気で、皮膚の硬化として現れ、場合によっては体の他の部分に影響を及ぼすこともあります。主なタイプは 2 つあります。皮膚と内臓が硬化する systemic sclerosis と、モルフェアとしても知られる localized scleroderma は、通常、皮膚とその下の組織に限定され、良性で自然に経過します。局所性強皮症はまれであり、その原因は不明ですが、最近の研究では、内臓にも影響を及ぼし、さまざまな健康上の問題を引き起こす可能性があることが示唆されています。 localized scleroderma は深刻な可能性があるため、合併症を防ぐためには早期の治療が非常に重要です。
Scleroderma is a rare connective tissue disease that is manifested by cutaneous sclerosis and variable systemic involvement. Two categories of scleroderma are known: systemic sclerosis, characterized by cutaneous sclerosis and visceral involvement, and localized scleroderma or morphea which classically presents benign and self-limited evolution and is confined to the skin and/or underlying tissues. Localized scleroderma is a rare disease of unknown etiology. Recent studies show that the localized form may affect internal organs and have variable morbidity. Treatment should be started very early, before complications occur due to the high morbidity of localized scleroderma.
 Upcoming treatments for morphea 34272836 
NIH
Morphea は局所性強皮症としても知られ、結合組織に影響を与える稀な自己免疫疾患です。さまざまな方法で現れる可能性がありますが、毎年 100,000 人あたり約 0. 4 - 2. 7 件の症例が発生する程度で、それほど一般的ではありません。 Morphea は 2 歳から 14 歳までの子供によく見られ、男の子よりも女の子に多く発生する傾向があります。
Morphea (localized scleroderma) is a rare autoimmune connective tissue disease with variable clinical presentations, with an annual incidence of 0.4-2.7 cases per 100,000. Morphea occurs most frequently in children aged 2-14 years, and the disease exhibits a female predominance.