Mucosal melanotic maculehttps://en.wikipedia.org/wiki/Oral_pigmentation#Melanotic_macule
Mucosal melanotic macule は、口腔粘膜、口唇、口蓋、歯肉に見られます。 mucosal melanotic macule は、上皮および固有層の色素沈着の増加によって引き起こされる、口腔内に見られる良性の色素沈着病変です。臨床症状は通常、境界がはっきりした茶色、黒、青、または灰色の領域であり、病変は通常直径 10 mm 未満ですが、場合によってはそれより大きくなる場合があります。良性の病気です。

診断と治療
形や色が均一であればほとんどが良性です。

      References Black and Brown: Non-neoplastic Pigmentation of the Oral Mucosa 30671761 
      NIH
      Addison’s Disease (Hypoadrenocorticism),Peutz–Jeghers Syndrome,Laugier–Hunziker Syndrome (Idiopathic Lenticular Mucocutaneous Pigmentation),Drug-Related Discolorations,Melanotic Macule,Melanoacanthoma,Smoker’s Melanosis,Amalgam Tattoo/Foreign Body Tattoo,Black Hairy Tongue