Nevus depigmentosus - 脱色素性母斑https://en.wikipedia.org/wiki/Nevus_depigmentosus
脱色素性母斑 (Nevus depigmentosus) は皮膚の色素の喪失であり、白斑と容易に区別できます。体の成長に比例してサイズも大きくなることがあります。白斑とは異なり、非進行性の色素脱失斑です。

脱色素性母斑 (nevus depigmentosus) の患者さんは、色素が欠乏しているため日焼けしやすいため、適切な日焼け止めを使用する必要があります。 脱色素性母斑 (nevus depigmentosus) の患者のほとんどは、病変を治療する必要はありません。

  • 男の胸に 脱色素性母斑 (Nevus depigmentosus) が付いています。
  • Nevus anemicus ;これらの病変は血管がないため白く見えます。
References Modalities of treatment for Nevus depigmentosus: review of the literature 37700698
Nevus depigmentosus は、縁が不均一な軽い斑点が特徴的な皮膚の状態です。多くの場合、出生時または直後に発症します。手術と光線療法が主な治療法として研究されています。
Nevus depigmentosus is a skin condition marked by a light patch with an uneven edge. It often appears at birth or soon after. Surgery and light therapy are the main treatments studied.
 Nevus depigmentosus: the analysis of 37 cases 33228333
Nevus depigmentosus の患者の診断には、 nevus anemicus, pityriasis alba, tuberous sclerosis complex, and vitiligo との区別が含まれます。
The diagnosis of patients with nevus depigmentosus involved distinguishing it from nevus anemicus, pityriasis alba, tuberous sclerosis complex, and vitiligo.