Nevus spilus - 扁平母斑https://en.wikipedia.org/wiki/Nevus_spilus
扁平母斑 (Nevus spilus) は、より小さく暗い斑点または丘疹が点在する、明るい茶色または黄褐色の斑点として現れる皮膚病変です。それは、1〜20cmのさまざまなサイズの薄茶色の色素沈着の斑点です。良性母斑です。

  • 境界が明瞭な茶色の斑点の中に黒色母斑がいくつか存在します。
  • 扁平母斑 (Nevus spilus) ― 典型的なケースです。黒色母斑はレーザーで簡単に除去できますが、周囲の淡い部分は除去が困難です。
References Treatment of nevus spilus with Q switched Nd:YAG laser 23442469
Nevus spilus (Speckled lentiginous nevus) は、カフェオレ斑の背景の上にあるほくろに似た暗い斑点によって識別されます。これはもはや 1 つの状態とは見なされず、むしろ 2 つのバリエーションが特定されています: Nevus spilus maculosis and Nevus spilus papulosis 。この研究は、15 人の患者の nevus spilus に対して Q switched Nd:YAG レーザー治療がどの程度効果があるかを評価することを目的としています。
Nevus spilus (Speckled lentiginous nevus) is identified by dark spots resembling moles on top of a café-au-lait macule background. It's no longer seen as just one condition, but rather two variations have been identified: Nevus spilus maculosis, Nevus spilus papulosis. This study aims to assess how well Q switched Nd:YAG laser treatment works for nevus spilus in fifteen patients.