Nipple eczema - 乳頭湿疹https://en.wikipedia.org/wiki/Breast_eczema
乳頭湿疹 (Nipple eczema) は、乳首、乳輪、または周囲の皮膚に影響を与える可能性があり、乳首の湿疹はにじみ出たりかさぶたになったりする湿ったタイプで、痛みを伴う亀裂が頻繁に見られます。

アトピー性皮膚炎を持つ人の中には、乳首の周りに発疹が現れる人もいます。中高年の乳首の湿疹が続く場合は、パジェット病と呼ばれるまれなタイプの乳がんがこれらの症状を引き起こす可能性があるため、医師に相談する必要があります。

治療 ― OTC医薬品
他のアレルギーの既往歴のある若い人は乳頭湿疹になる可能性が高くなりますが、高齢者の場合はパジェット病などの他の悪性疾患がある可能性があるため、医師の診察を受ける必要があります。石鹸で患部を洗っても全く効果がなく、悪化する可能性があります。

市販のステロイド軟膏が症状の軽減に役立つ場合があります。
#Hydrocortisone ointment

市販の抗ヒスタミン薬を服用している。セチリジンまたはレボセチリジンはフェキソフェナジンよりも効果的ですが、眠気を引き起こします。
#Cetirizine [Zytec]
#LevoCetirizine [Xyzal]
      References Correlation of nipple eczema in pregnancy with atopic dermatitis in Northern India: a study of 100 cases 31777355 
      NIH
      Nipple eczema は、アトピー性皮膚炎を診断する際の重要な要素ではないと考えられていますが、乳房によく見られる症状です。妊娠中の発生は他の年齢層と同様です。患者の臨床的特徴は、アトピー性皮膚炎であってもなくても同様です。
      Nipple eczema, although considered to be a minor diagnostic criteria for diagnosis of AD, is one of the most common clinical presentations of AD in the breast. Nipple eczema in pregnancy follows a similar pattern as in other age groups. The clinical profile of patients is similar in cases with and without atopic dermatitis.
       Nipple Eczema: A Diagnostic Challenge of Allergic Contact Dermatitis 24966651 
      NIH
      Nipple eczema は通常、アトピー性皮膚炎の一部として見られます。その臨床経過とパターンにより、刺激や感作などの根本的な原因を区別することが困難になることがよくあります。アレルギー性接触皮膚炎を重要な要因として考慮することが重要です。私たちの研究では、パッチテストを受け、回避プログラムに従った患者9人中5人で大幅な改善が見られ、再発が減少したことが示されました。結論として、 nipple eczema に対処するとき、特にそれが両方の乳首に影響を及ぼしたり、周囲の皮膚に広がっている場合は、主な原因としてアレルギー性接触皮膚炎を考慮することが不可欠です。
      Nipple eczema, considered mostly as a minor manifestation of atopic dermatitis, may have unknown causes. However, its clinical course and pattern often make it difficult to differentiate its underlying causes such as irritation or sensitization. Nevertheless, allergic contact dermatitis must be considered an important cause of nipple eczema. We found considerable clinical improvements and reduced recurrence in 5 of the 9 patients who had positive patch tests and followed an avoidance-learning program. In conclusion, allergic contact dermatitis should be considered first in the differential diagnosis of nipple eczema, especially in patients showing bilateral lesions and lesions extending into the periareolar skin.