Onycholysis - 爪甲剥離症https://ja.wikipedia.org/wiki/爪甲剥離症
爪甲剥離症 (Onycholysis) は、痛みを伴わずに爪床から爪が剥がれることを特徴とする一般的な病状です。

爪甲剥離症 (onycholysis) は、乾癬を含む多くの症状で発生する可能性があります。甲状腺中毒症では、交感神経の過剰活動が原因であると考えられています。感染症や外傷でも見られる場合があります。

処理
にんじんジュースを毎日飲むと爪甲炎を治療できるという症例報告がありました。

  • 薬指と小指のある34歳男性。真菌感染症ではありません。
  • 典型的な 爪甲剥離症 (Onycholysis) ― 慢性特発性爪ジストロフィーの患者に対する簡単な治療法は、ニンジンジュースなどのカロテンが豊富な食品を摂取することです。
References Nail pitting and onycholysis 27052048
以前は健康状態にあった43歳の男性が、1年前から爪が真菌に感染していたために皮膚科に送られた。抗真菌薬 (terbinafine 250 mg) を服用した後でも、彼の状態は改善しませんでした。検査の際、医師らは彼の7本の指に小さな穴と爪の剥がれを発見した。また、左耳には赤い鱗状の斑点がいくつかあり、頭皮にはフケが少しあり、頭が少しかゆみを感じていました。他には特に肌トラブルは見当たりませんでした。
A 43-year-old man, previously in good health, was sent to the dermatology department because his fingernails had been infected with a fungus for a year. Even after taking antifungal pills (terbinafine 250 mg), his condition didn't improve. During the check-up, the doctors found small holes and separation of the nails in seven of his fingers. He also had some red, scaly patches in his left ear and a bit of dandruff on his scalp, which made his head itch slightly. There weren't any other skin issues noticed.