Orgarnoid nevus - 類器官母斑https://en.wikipedia.org/wiki/Nevus_sebaceous
類器官母斑 (Orgarnoid nevus) は、通常は顔や頭皮に発生する、毛のない先天性の厚い病変です。このような母斑は表皮母斑として分類され、出生時または幼児期に存在する可能性があります。

基底細胞癌は脂腺性母斑で、通常は成人期に発生することがあります。しかし、そのような悪性腫瘍の発生率は、推定されていたよりも低いことが現在では知られています。このため、予防的切除は推奨されなくなりました。

  • 出生時には、黄色斑のある脱毛症として観察されます。年齢とともに、病変は徐々に厚くなります。
  • 主に頭皮に発生しますが、顔にも発生する場合があります。
References Nevus Sebaceus 29494100 
NIH
Nevus sebaceus は、毛包と油腺の異常な成長が見られる先天異常です。これらの腫瘍は頭皮に発生することが多いですが、額、顔、首に発生することもあります。ホルモンの変化により、思春期にさらに成長する傾向があります。大人になると、これらの増殖によりさらなる腫瘍が発生する可能性があります (trichoblastoma) 。これらの成長物をどのように治療するかはまだ議論があり、ただ観察するだけから幼児期の早い段階で取り除くまで、選択肢は多岐にわたります。
Nevus sebaceus of Jadassohn also referred to as organoid nevus, is a congenital malformation involving hamartomas of the pilosebaceous follicular unit. These growths most commonly form on the scalp, but may also appear on the forehead, face, or neck. They undergo a growth phase during puberty due to hormonal changes. In adulthood, the growths may develop secondary neoplasms within them, most commonly trichoblastoma. The treatment of these lesions is controversial, with options ranging from observation to early excision in childhood.
 Effective Treatment of Congenital Melanocytic Nevus and Nevus Sebaceous Using the Pinhole Method with the Erbium-Doped Yttrium Aluminium Garnet Laser 25324667 
NIH
Congenital melanocytic nevus は、出生時または乳児期に発生するあざの一種です。 Nevus sebaceous は、欠陥のある毛包が関与する皮膚の異常です。この研究では、 Erbium: YAG レーザーを使用したピンホール法と呼ばれるレーザー技術を使用して、さまざまな患者の母斑病変を治療しました。
Congenital melanocytic nevus (CMN) is a melanocytic nevus that is either present at birth or appears during the latter stages of infancy. Nevus sebaceous has been described as the hamartomatous locus of an embryologically defective pilosebaceous unit. Here, we describe how we used the pinhole technique with an erbium-doped yttrium aluminium garnet (erbium : YAG) laser to treat nevi lesions in different patients.