Paronychia - 爪囲炎https://en.wikipedia.org/wiki/Paronychia
爪囲炎 (Paronychia) は、突然起こる可能性のある爪周囲の皮膚の炎症であり、通常は細菌であるブドウ球菌が原因です。黄色ブドウ球菌、または一般的にカンジダ・アルビカンスによって引き起こされる場合は徐々に発症します。人差し指と中指が最もよく冒され、通常は発赤、腫れ、痛みが現れます。膿や分泌物が存在する場合があります。危険因子には、繰り返しの手洗いや外傷などが含まれます。

治療には抗生物質や抗真菌薬が使用され、膿がある場合には切開と排膿が考慮されます。

治療 ― OTC医薬品
OTC の抗生物質軟膏を塗ると効果があるかもしれません。軟膏を薄く塗りすぎると効果が得られない場合があります。
#Polysporin
#Bacitracin
#Betadine

痛みを和らげるには、アセトアミノフェンなどの市販鎮痛剤を使用してください。
#Ibuprofen
#Naproxen
#Acetaminophen
  • ○痛みを伴います。
  • ○右手指に浮腫が見られる。
  • 爪囲炎 (Paronychia) 陥入爪が原因と推定
  • 膿疱による黄色っぽい病変。
  • 陥入爪
  • 典型的な爪囲炎 (Paronychia) ― 細菌やウイルスの感染によって起こります。
  • 慢性 爪囲炎 (Paronychia)
  • 細菌感染による典型的な 爪囲炎 (Paronychia)。
  • 緑色の変色がある場合は、pseudomonas 感染症が疑われます。