Pitted keratolysis - 点状角質融解症https://en.wikipedia.org/wiki/Pitted_keratolysis
点状角質融解症 (Pitted keratolysis) は、ひどい臭気を伴う足の細菌性皮膚感染症です。この感染症は、足の裏と足の指、特に体重がかかる部分にクレーター状の穴ができるのが特徴です。感染症はコリネバクテリウム属の細菌によって引き起こされます。足の過度の発汗や密閉性のある靴の使用は、これらの細菌が繁殖する環境を提供します。

この状態は、特に軍隊において、濡れた靴やブーツを脱いだり掃除したりせずに長時間履く場合によく見られます。穴あき角化炎の診断は、多くの場合、視覚検査と特徴的な臭気の認識によって行われます。穴あき角化炎の治療には、過酸化ベンゾイル、クリンダマイシン、エリスロマイシン、フシジン酸、ムピロシンなどの抗生物質を皮膚に塗布する必要があります。予防の取り組みは、足を乾燥した状態に保つことを目的としています。

治療 ― OTC医薬品
足と靴下を常に乾いた状態に保ちます。市販の抗生物質軟膏を試してみましょう。足に手指消毒剤を使用することも効果的です。
#Polysporin
#Bacitracin
  • 複数の悪臭のある穴のある足の裏
  • Corynebacterium種による強烈な臭気を伴います。
References Pitted keratolysis - Case reports 35855037 
NIH
Pitted Keratolysis は、手のひらよりも主に足の裏に起こる表面レベルの細菌性皮膚感染症を表すのに使用される用語です。この症状は、Kytococcus sedentarius や Corynebacterium 種などの細菌によって引き起こされることがよくあります。通常、21~30歳の人に最も頻繁に発生し、大多数は20代または30代で経験します。男性はこの症状を発症するリスクが 4 倍高く、これはおそらくきつめの密閉された靴を履くことが多いためと考えられますが、女性は足の衛生状態を良好に保つ傾向があります。ここでは、過去 3 日間にわたって足の裏、主に足指の周囲に点在する皮膚病変を訴えて来院された 23 歳の患者の症例を紹介します。
Pitted Keratolysis is a descriptive title for a superficial bacterial skin infection that affects the soles of the foot, less frequently, the palms confined to the stratum corneum. The etiology is often attributes due to Kytococcus sedentarius and Corynebacterium species bacteria. Pitted keratolysis is most common in the age group of 21 to 30 years, with a majority of affected patients in their 1st to 4th decade of life. Males are at 4 times higher risk of being susceptible to this condition, presumably, due to frequent use of occlusive footwear, whereas females maintain better foot hygiene. We present a case of a 23-year-old medical intern who presented to our hospital with complaints of pitted skin lesion over base of foot, predominantly over toes for past 3 days.
 Pitted keratolysis - Case reports 26982791 
NIH
Pitted keratolysis は、足の裏の外層に影響を及ぼす皮膚疾患であり、細菌によって引き起こされます。 30歳の男性の足の裏に小さな穴の開いた病変がありました。より高い倍率 (x 3,500) では、表面に細菌がはっきりと見え、細菌分裂の特定のパターンが示されました。
Pitted keratolysis is a skin disorder that affects the stratum corneum of the plantar surface and is caused by Gram-positive bacteria. A 30-year-old male presented with small punched-out lesions on the plantar surface. A superficial shaving was carried out for scanning electron microscopy. Hypokeratosis was noted on the plantar skin and in the acrosyringium, where the normal elimination of corneocytes was not seen. At higher magnification (x 3,500) bacteria were easily found on the surface and the described transversal bacterial septation was observed.