Pityriasis lichenoides chronica - 慢性苔癬状粃糠疹https://en.wikipedia.org/wiki/Pityriasis_lichenoides_chronica
慢性苔癬状粃糠疹 (Pityriasis lichenoides chronica) はまれな特発性後天性皮膚病であり、数か月間持続することがある紅斑性の鱗状丘疹のグループを特徴とします。診断には生検が必要です。

診断と治療
梅毒を除外するための血液検査
皮膚リンパ腫を除外するための生検

      References Pityriasis lichenoides chronica - Case reports 15748578
      19歳の女性は、5年前から胴体と腕と脚に小さな斑点状の発疹と、黄色がかった色から肌色の盛り上がった隆起があり、細かい鱗片が輪状に広がっているという症状を抱えて来院しました。 Guttate pityriasis lichenoides chronica は、この T 細胞媒介性疾患のまれな症状です。
      A 19-year-old woman came in with a five-year history of small, spotty rashes and raised, yellowish to skin-colored bumps with a ring of fine scales on her torso and arms and legs. Guttate pityriasis lichenoides chronica is an uncommon presentation of this T-cell-mediated disease.