Pityriasis lichenoides et varioliformis acuta - 急性痘瘡状苔癬状粃糠疹https://en.wikipedia.org/wiki/Pityriasis_lichenoides_et_varioliformis_acuta
急性痘瘡状苔癬状粃糠疹 (Pityriasis lichenoides et varioliformis acuta) は、免疫系の病気です。これは、慢性苔癬性粃糠疹のより重篤な形態です。この病気は、皮膚の発疹と小さな病変が特徴です。この病気は男性に多く見られ、通常は若い成人期に発症します。水痘またはブドウ球菌感染症と誤診されることがよくあります。この疾患を診断するには生検が推奨されます。

  • PLEVA (pityriasis lichenoides et varioliformis acuta)
    References Pityriasis Lichenoides Et Varioliformis Acuta (PLEVA) 36256784 
    NIH
    ミュシャ・ハーバーマン病としても知られる Pityriasis lichenoides et varioliformis acuta (PLEVA) は、鱗状の斑点のある赤茶色の発疹を引き起こすまれな皮膚疾患です。丘疹は進行して水疱、膿疱、潰瘍を形成する場合があり、これらの病変はかゆみや灼熱感を伴うことがあります。かゆみや灼熱感を感じることがよくあります。 PLEVA は通常、体幹、上腕、脚、特に皮膚のひだに影響を与えます。発疹は時間の経過とともに現れたり消えたりし、場合によっては何年も続きます。
    Pityriasis lichenoides et varioliformis acuta (PLEVA), also known as Mucha-Habermann disease, is an uncommon cutaneous inflammatory rash characterized by diffuse red-brown papules in various stages with a mica-like scale on more established lesions. The papules may progress to form vesicles, pustules, and ulcers, and these lesions can be associated with pruritus or a burning sensation. PLEVA favors the trunk and proximal extremities, especially in the flexural regions. This rash tends to relapse and remit with variable duration, sometimes lasting up to years.